かじきあん > ブログ トップ > 未分類

Category / 未分類

    • 2015
    • 04/17

イエローラインド・フェアリーゴビー

いつもなら毎日異なる属の生物を取り上げている当観察報告ですが、今回のセブ・マクタンでの
ネタ仕入れ遠征にて日本で観察出来ないモエギハゼ属を何種類か観察出来ましたので、しばらく
モエギハゼ属特集を続けたいと思います。
そんな訳で本日は昨日に引き続き、学名が付いているモエギハゼ属の報告です。

yellowlinefairygoby20150409a
yellowlinefairygoby20150409byellowlinefairygoby20150409c

イエローラインド・フェアリーゴビー  学名 Tryssogobius flavolineatus
 スズキ目 / ハゼ科 / モエギハゼ属

撮影 2015年4月:フィリピン・マクタン島 水深-43m 大きさ約30mmぐらい
英名 Yellow-Lined fairygoby
生息域 フィリピン、インドネシア、パプアニューギニアなど

珊瑚礁域の内湾、水深が25m~82m位の礫瓦礫や死珊瑚塊などが混じった砂泥底にて、水底
より少し上をホバリングしながら生息しております。
体地色は薄黄色にて背部は緑がかり、腹部は顎部から臀鰭手前にかけて白色、眼の後ろ側の
中程から第1背鰭の基部後端までにかけて、体側面の中心に明確な黄色のラインが入ります。
第1背鰭の第2背鰭の基部には青色に上下で囲まれた黄色の縦縞が入り、第2背鰭は縁側にも
青色に上下で囲まれた黄色の縦縞が入り、腹鰭と臀鰭は白色にて縁側が淡く青色に染まる事
などで、同属多種との識別が可能です。

yellowlinefairygobyA20150409a
yellowlinefairygobyA20150409c
撮影 2015年4月:フィリピン・マクタン島 水深-38m 大きさ約40mmぐらい

いつもログ付け時にその日に撮した写真を見ながら、アクエリアスダイバーズ の白石オーナーが
「おめでとうございます」と褒めてくれた時は、これです。
そうです、寄生虫付きの生態写真。

しかし、いつもはとっても綺麗なハゼも、寄生虫に取り憑かれるとこんなにガサガサに荒れた肌に
成ってしまうんですね。

    • 2014
    • 01/11

日本脱出〜♪

年末年始恒例の15連勤も無事に終わり、今日から久しぶりに日本脱出〜♪

えっ?久しぶりって、2ヶ月振りですけど何か?

大体いつも旅行に行くと何かヤラかす自分です。
前回のセブでは初日に行ったレストランに
上衣を忘れるは、帰りのマニラ空港では大事な物を忘れてくる始末で。

そして今回、早くもセントレアからマニラへの飛行機に搭乗中に思い出しました。
予約済みのWiFiルーターを、セントレアで受け取ってくるのを忘れてきました〜(;゜0゜)

とかくブログネタには困らない自分です。
しかし〜、今回の飛行機はガラガラでラッキーです。

かじきあん > ブログ トップ > 未分類

Feed

Page top