かじきあん > ブログ トップ > アナエビ下目 > アナエビ科

Category / アナエビ科

    • 2018
    • 06/30

Calaxius属の1種

サッカーの日本代表、色々と賛否両論を書かれてますが、後半に1点
入れられてから自分はドーハの悲劇を思い出して見てました。
あの時に今回の西野監督の采配が出来ていれば、94年のアメリカ大会に
出場できてたでしょうね。
あれから25年、日本のサッカー代表がこんな戦い方が出来るなんて
成長したもんですね。
そして日本代表の監督は日本のサッカーを熟知している監督がやはり
最適と思いました。

さて明日も仕事ですのでウルグアイVSポルトガル戦のTV観戦は諦めて、
フランスVSアルゼンチンだけ見て寝ることとします。
でもその前にオーストリアF-1GPの予選が終わるかが微妙ですけど。

CalaxiusSp20160908b
CalaxiusSp20160908cCalaxiusSp20160908d
CalaxiusSp20160908aa
Calaxius属の1種 学名 Calaxius.Sp
十脚目 / アナエビ下目 / アナエビ科 / Calaxius属

撮影 2016年9月:フィリピン・マクタン島
                水深-20m 大きさ約20mm
生息域 沖縄本島、フィリピン・マクタン島など 

CalaxiusSp20160908ab
よく見ると抱卵中でした。。

珊瑚礁域にて外縁の礁斜面の瓦礫岩の下に隠れておりました。
撮影した当時に色々と調べてみても正体がわからず、約2年近く経過した
今調べてみても詳しい事は調べきれませんでした。

なになに属の1種、色々と書く時間が無い時の観察報告に最適です。

かじきあん > ブログ トップ > アナエビ下目 > アナエビ科

Feed

Page top