かじきあん > ブログ トップ > チョウチョウウオ科 | 柏島 > トノサマダイ その3

トノサマダイ その3

先週の初め頃に朝玄関を出てみたら涼しく感じて、これはと気温を
確認してみると30度あります。
30度で涼しく感じるとは慣れとは恐ろしいものだと思いました。
そして数日前、朝起きたと同時に涼しく感じて実に人間は環境変化に
応じるのが凄いな思ったら26度、今度は慣れでは無くボケてました。

tonosamadaiYg20171122b
tonosamadaiYg20171122c
トノサマダイの幼魚  学名 Pomacanthus semicirculatus
 スズキ目 / チョウチョウウオ科 / チョウチョウウオ属

撮影 2017年11月:高知県大月町柏島
                水深-10m 大きさ約30mm
英名 Ovalspot butterflyfish
生息域 南日本の太平洋沿岸 ~ 琉球列島、ミクロネシアをのぞく
西部太平洋域、インドネシア西部、オーストラリア北西部など。

水深が30m位まで岩礁域や珊瑚礁域に生息しております。
体地色は黄色にて、側面に大きな楕円形の黒色斑があり、頭部には
背鰭手前辺りから眼を通り腹鰭手前辺りまで伸びる黒色の太い横帯が
入ります。
一般的なチョウチョウウオ科の生物と同じく、珊瑚のポリプを好んで
食しており、単独かペアで居ることが多く、成長すると200mmほどに
成長します。

tonosamadaiYg20171122e
tonosamadaiYg20171122d

チョウチョウウオ科の幼魚はいつもこんな感じで他のサカナと一緒に
珊瑚の中に入ったり出たりしてますので、なかなか単独で撮影するのに
手間取ります。
でもそれだけに真横各鰭全開が撮れた時の喜びはひとしおです。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > チョウチョウウオ科 | 柏島 > トノサマダイ その3

Page top