かじきあん > ブログ トップ > ハゼ科 | 柏島 > ホタテツノハゼ その4

ホタテツノハゼ その4

日本サッカー協会はまたしても同じ過ちを繰り返すのかと思いました。
本日、西野監督の退任が発表されました。
これで4年後は新しい監督で戦うことになりますので、4年後もせいぜい
決勝リーグ進出が精一杯かと思います。
本当にベスト8を狙うなら、最低でも8年かけて同じ考え方での選手育成が
必須かと思います。
西野監督が絶体とは言いませんが、次の監督はカタールの4年後のWCまで
日本人の同じ監督でいてほしいです。

hotatetunohaze20171121b
ホタテツノハゼ  学名 Flabelligobius Sp
 スズキ目 / ハゼ科 / オニハゼ属

撮影 2016年4月:高知県大月町柏島 水深28m 大きさ約50mm
英名 Black sailfin goby
生息域 伊豆大島、和歌山県、高知県、屋久島、琉球列島
                       ~ 西部太平洋域など。

水深が20m~30mぐらいの珊瑚礁粋の砂礫底や珊瑚砂底にて、単独もしくは
ペアを成してコトブキテッポウエビ ニシキテッポウエビ などのテッポウ
エビ類と、巣穴を共生し生息しております。
体地色は黒褐色にて体側面には黒色の薄い横縞があります、角状に長く
伸びる前鼻管から第1背鰭前端までの上面は白色。
第1背鰭が非常に大きく広がり黒褐色にて、白色もしくは黄色の網目模様が
あります。

hotatetunohaze20160423a
hotatetunohaze20160422a
撮影 2016年4月:高知県大月町柏島 水深28m 大きさ約50mm

平凡社の「決定版日本のハゼ」や各図鑑では ホタテツノハゼ属 との属名と
されてましたが、近年 オニハゼ属 に改められております。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > ハゼ科 | 柏島 > ホタテツノハゼ その4

Page top