かじきあん > ブログ トップ > セブ島 | ハゼ科 > タンザクハゼ属の1種

タンザクハゼ属の1種

以前にも書きましたが、このところほとんど潜水していないので過去に
撮影してきた生物の観察報告をしております。
がんがん潜水していた時は、撮影しながらあれ書こうこれ書こうと次々に
思いつきますが、過去の撮影した生物を探すのに時間がかかってしまい
最近はそんな感じで休載する日が増えてます。

そんな事を考えていて思い出しました。
未記載種なら、調べても資料が無くて書き上げるのに時間がかからない。
本日は、そんな手抜きの観察報告です。

tanzakuhazeSp20150905a
tanzakuhazeSp20150905b
タンザクハゼ属の1種 学名 Vanderhorstia flavilineata
 スズキ目 / ハゼ科 / タンザクハゼ属

撮影 2015年9月:フィリピン・マクタン島
              水深-42m 大きさ約50mm
生息域 フィリピン。

珊瑚礁域外縁の水深が40mほどの泥底に巣穴を形成して、その上方に
ホバリングしながら単独で生息しておりました。
体型や色彩は セイルフィンリボンゴビー に似ておりますが、特徴の
第1背鰭は大きくなく別種と思われますが、相変わらずの自分の知識
不足にて同種の雌とか、既に異なる記載種かも知れません。

かじきあん > ブログ トップ > セブ島 | ハゼ科 > タンザクハゼ属の1種

Page top