かじきあん > ブログ トップ > テンジクダイ科 | マクタン島 > フタホシアトヒキテンジクダイ その3

フタホシアトヒキテンジクダイ その3

昨夜F-1モナコGPを観ていて、トンネルの中での映像にてデブリが
鮮明に写っている事に気づきました。
ひと昔前ではトンネル内は真っ暗の映像でしたが、昨今はここまで
鮮明に写るかと技術の進歩は凄いですね。

そう言えば来月辺りに docomoから発売される HUWAEI P20 Proが
凄く気になってます。
Leicaのトリプルカメラによる写真が凄く綺麗で、どうやらAI補正が
素晴らしい様で、一眼カメラにもそのうち搭載されるんでしょうかね。

futahoshiatohikitenjikudai20170907c
futahoshiatohikitenjikudai20170907a
フタホシアトヒキテンジクダイのナイトバージョン  学名 Archamia biguttata
スズキ目 / テンジクダイ科 / アトヒキテンジクダイ属

撮影 2017年9月:フィリピン・マクタン島
 水深-5m 大きさ約60mm
英名 Twinspot Cardinalfish
生息域 琉球列島以南 ~ 中部・西部太平洋域など

水深が 5m〜30mぐらいの珊瑚礁域に少数匹の群れを成して生息して
おります。
背鰭軟条数は9本にて、体地色は薄黄褐色にて体側面には橙色の細い
横線が密に複数入り頭部の眼の下、頬部に暗褐色の太い斜帯がある事、
また鰓蓋の上部後方に不規則な半円形、尾弊部に円形のそれぞれ
暗褐色の班紋が有る事などが特徴です。

futahoshiatohikitenjikudai20130615d
撮影 2013年6月:フィリピン・マクタン島
 水深-5m 大きさ約60mm
futahoshiatohikitenjikudai20150412d
撮影 2015年4月:フィリピン・マクタン島
 水深-8m 大きさ約60mm

こちらは共に日中の色彩です。
どうやら夜になると体地色は薄くなるみたいですね。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > テンジクダイ科 | マクタン島 > フタホシアトヒキテンジクダイ その3

Page top