かじきあん > ブログ トップ > テナガエビ科 | マクタン島 > バブルコーラルシュリンプ その2

バブルコーラルシュリンプ その2

来月のポケモンコミュニティデイはヨーギラスと発表されました。
昨年2月に現れ出してから今まで苦労して捕獲してきたヨーギラスの
数は今日現在で351匹です。
今年になってから始まった月に1度のコミュニティデイの結果から
3時間の間に100匹近くは捕らえられると思うと、今までの苦労は
何だったんだとちょっと複雑な気分です。

BubbleCoralShrimp20170211e
BubbleCoralShrimp20170211c
BubbleCoralShrimp20170211f
バブルコーラルシュリンプ 学名 Vir philippinensis
十脚目 / コエビ下目 / テナガエビ科
            / カクレエビ亜科 / イソカクレエビ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島
                水深-12m 大きさ胴長約20mm
英名 Bubble Coral Shrimp
生息域 奄美大島以南 ~ 琉球列島、
          インド洋、西部太平洋域、オーストラリアなど。

珊瑚礁域の礁原や周辺の礁斜面などにて水深が3m~40mに生息して
いる ミズタマサンゴ をホストとし、ミズタマサンゴの袋状の触手の
間に隠れ住みます。
体地色は透明色にて鋏脚や歩脚、触角などの外縁が、赤紫色や青紫色の
細い線で縁取られており、腹部の背中線上に1本と眼柄部に数本明るい
同色の細線が入ります。

以前は アカヒゲカクレエビ と混同されてましたが、その後研究者の
方達のご尽力によって現在では別種と判明しておりますかが、和名は
まだ付けられておりません。
近似種の アカヒゲカクレエビ は オオハナサンゴ をホストとして
いる事や、本種の方が第2鋏脚が大きい事などで識別が可能です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > テナガエビ科 | マクタン島 > バブルコーラルシュリンプ その2

Page top