かじきあん > ブログ トップ > ヘコアユ科 | マクタン島 > ヘコアユ その3

ヘコアユ その3

今朝6時過ぎの事、寝ていたら「ジム再開しとるよ!」って奥さんに起こされ、
そのまま奥さんはジム戦へと出かけて行きました。
そりゃ専業主婦が職業の人は問題ないと思いますが、仕事に行く必要がある自分には
朝からそんな時間は無いし、いつも起こさないくせに、わざわざ自分が起きる時間前に
起こさなくても。

そして仕事から帰ってきた長男と話していると、長男は朝4時半頃に目が覚めジムが
再開してる事に気づき、10箇所ほどジムに乗せに行ったらしいですが時間が時間だけに
まだカラのジムだらけだったらしいです。
それで奥さんに伝えたのかと聞くと「いや、こんな事ぐらいで寝てる人を起こすのは
ちょっと」との返事です。
まぁ、普通はそうですよね。

hekoayu20170208a
hekoayu20170208b
ヘコアユ  学名 Aeoliscus strigatus
 トゲウオ目 / ヘコアユ科 / ヘコアユ属

撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島 水深-5m 大きさ80mmぐらい
英名 Striped shrimpfish 
生息域 相模湾以南 ~ インド洋、西部太平洋域など。

珊瑚礁域や岩礁域の砂底域や礫砂底、藻場などで、比較堤浅い水深に小さな群れを
形成して生息しております。
体型は極端に側偏していて厚みは無く、体表面は甲板に被われていて、体地色は
銀灰色。
体側面には太さや色の濃淡が不規則な太い黒色の縦帯が1本入り、吻は管状に伸びて
いて歯はありません。

また体後半の棘は背鰭の第1棘にあたり、それらの基部に間接がある為に動かす事が
出来ます。
近似種の ヨロイウオ は、黒色の縦帯が入らない事で識別が可能です。

和名の「ヘコ」とは、反対とか逆さまの意味からで、「アユ」は歩む事から付けられて
いるそうですが、英名は体全体がエビの様に甲板で被されていることから、シュリンプ
フィッシュなどと呼ばれております。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > ヘコアユ科 | マクタン島 > ヘコアユ その3

Page top