かじきあん > ブログ トップ > ニザダイ科 | 柏島 > ニセカンランハギ その2

ニセカンランハギ その2

河村名古屋市長が悲願の名古屋城天守の木造復元計画ですが、昨日に某建築設計会社と
基本協定を交わし、ようよう進み出しましたが目標としている寄付金に対してどうやら
小学生でも寄付をし易い様にと、100円から寄付できる様にするらしいです。

確かに今まで全国の様々な復興事業の寄付と言うと、大人しか出来ない様な金額の設定
でしたから子供でも寄付できる事は素晴らしいアイデアと思います。
また子供が少ないお小遣いから寄付したいと言い出せば、大人の親が寄付しない訳には
行けませんしね。

nisekanranhagi20170412b
ニセカンランハギ  学名 Acanthurus dussumieri
 スズキ目 / ニザダイ科 / クロハギ属

撮影 2017年4月:高知県大月町柏島 水深-13m 大きさ約200mm
英名 Eyestripe surgeonfish
生息域 南日本、西部太平洋域、インド洋域など。

岩礁域や珊瑚礁域にて礁縁部の斜面や礁湖など、比較的に浅い水深で単独もしくは
少数匹の群れで観察されます。
砂嚢状の胃袋を持っており、砂と一緒に糸状の藻類など吸い込んで食べる為、泳ぎ
ながら水底に口を付ける姿勢をとります。
幼魚の頃の体地色は茶褐色にて頭部に黄色の帯模様が入り、背鰭と臀鰭、尾鰭は
黄色に染まり、背鰭と臀鰭には茶褐色の縦帯が入ります。

成長するに伴って頭部と体側面に水色の細くて短い帯模様が入り、背鰭と臀鰭は
黄色に、尾鰭は水色に青色の小斑紋が散在する色彩に変化していきます。
また尾柄部の可動棘を被う皮膜は白色にて尾鰭に小斑紋が入る事などで、同属の
多種との識別が可能です。

nisekanranhagi20170411a
撮影 2017年4月:高知県大月町柏島 水深-8m 大きさ約120mm

nisekanranhagi20130803a
撮影 2013年8月:和歌山県串本町 串本DP前 水深-4m 大きさ約40mm

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > ニザダイ科 | 柏島 > ニセカンランハギ その2

Page top