かじきあん > ブログ トップ > キンチャクダイ科 | マクタン島 > フカミヤッコ

フカミヤッコ

本日の観察報告の写真は、いまひとつの写真ばかりではありますが、実は個人的に
本種はこの時が初観察にて、そのすぐそばには これまた初観察の ルソンハナダイ
ペアでいて、水深50mと言うのに二兎を追ってしまった結果、ことわざ通り一兎も
得なかったと言う結果の写真の出来具合となりました。
でも初めての観察でヘボ写真とは言え雄雌の両方撮せた事と言う事で、完璧写真は
次回の宿題として取り急ぎ初観察報告とさせていただきます。

fukamiyakko20170210f
 雄:大きさ約130mm 

fukamiyakko20170210a
 雌:大きさ約100mm 

フカミヤッコ 学名 Genecanthus bellus
 スズキ目 / キンチャクダイ科 / タテジマヤッコ属

撮影 2017年2月:フイリピン マクタン島 水深-50m
英名 Ornate Angelfish
生息域 鹿児島県硫黄島、琉球列島伊江島、
~フィリピン、パラオ、インドネシアなど中部、西部、南太平洋域など

水深が50m~110mぐらいの珊瑚礁外縁のドロップオフや瓦礫底域にて、単独もしくは
少数匹で中層を泳いで生息しておりますが、ニューギニア島北西部のチェンデラワシ湾
では例外的に20m~25mで観察されます。
雄の体地色は灰色がかった白色にて、眼の上からと胸鰭基部の上部辺りから尾柄部まで
それぞれ黄色の太い縦帯が入り、それらは尾柄部で繋がります。
雌の体地色は白色にて、頭部から眼にかけて黒色の太い横帯が入り、そのすぐ後方には
頭頂部から胸鰭基部まで太い横帯が入り、その帯は頭頂部にて背鰭後端まで伸びる太い
縦帯に変わり、その縦帯の下側には尾鰭の下葉まで繋がる黒色の太い斜帯が入ります。
また鰓蓋の後方には青色の後ろにかけて細くなる大きな斑紋が入ります。

fukamiyakko20170210g
fukamiyakko20170210bfukamiyakko20170210d

今回で13回目のマクタン島の アクエリアスダイバーズ での潜水ですが、のべ36日目に
してようやく本種の観察が出来ました。
以外と思われる方も多いかと思われますが、過去に2度ほど見に行きながらいずれも
お会い出来ずで、本種とのご縁は薄いなとおもつておりましたが、ヒジョーキング
新たに生息して居る所を見つけてくれていて、ようやく会えました。
今回の遠征では他にも初見のアポゴンを ヒジョーキング が事前に見つけてくれており
いつもながら、感謝感激雨あられです。

かじきあん > ブログ トップ > キンチャクダイ科 | マクタン島 > フカミヤッコ

Page top