かじきあん > ブログ トップ > キンチャクダイ科 | 柏島 | 紀伊大島須江 > ソメワケヤッコ その3

ソメワケヤッコ その3

先週末は高知県柏島の AQUAS さんで催された水中カメラマンの阿部秀樹さんの写真現像
セミナーを受講してきましたが、撮影時にはきっちりと閉じていた第1背鰭も、教えていただいた
現像テクニックをマスターすれば現像後には開いているんでは無いかと思えるぐらいの、とても
参考に成るセミナーでした。
教えていただけたテクニックを頑張ってマスターして、今後の当観察ブログに活かせて行きたいと
思います。

でもとりあえず、久々アップの本日の観察報告は従来のスキルで申し訳けありません。

somewakeyakko20161120a
somewakeyakko20161120h
somewakeyakko20161120gsomewakeyakko20161120c
ソメワケヤッコの幼魚  学名 Centropyge bicolor
 スズキ目 / キンチャクダイ科 / アブラヤッコ属

撮影 2016年11月:高知県大月町柏島 水深-10m 大きさ約35mm
英名 Bicolor angelfish
生息域 南日本の太平洋岸 ~ 琉球列島、太平洋域、インド洋域など。

岩礁域や珊瑚礁域にて、水深5m~25mぐらいにペアもしくは少数匹のハーレムを形成して
生息しております。
体側面の前半身と背鰭の前部、腹鰭、尾鰭は鮮やかな黄色で、後半身と背鰭の後部、臀鰭は
濃青色にて、頭部頂上から眼に周りにかけて濃青色の太い帯が入ります。
幼魚の頃は体側面の濃青色の部分は明るめの青色にて、黒色の太い横帯模様にて、頭部から
眼の周りにかかる帯も黒色です。

somewakeyakko20161023a
撮影 2016年10月:和歌山県紀伊大島 内浦ビーチ 水深-9m 大きさ約30mm

somewakeyakko20161106a
撮影 2016年11月:和歌山県紀伊大島 内浦ビーチ 水深-9m 大きさ約35mm

今シーズンの内浦ビーチで観察出来てる個体です。
約3週間で、5mmほど大きくなりました。
このまま何とか寒い水温を克服し、来年秋のオープン時には成魚に育った姿を見せて欲しいと
思います。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > キンチャクダイ科 | 柏島 | 紀伊大島須江 > ソメワケヤッコ その3

Page top