かじきあん > ブログ トップ > カミソリウオ科 | 三木浦 | 紀伊大島須江 > カミソリウオ その4

カミソリウオ その4

先週末に潜ってきた紀伊大島須江の内浦ビーチの今シーズンのオープンからの観察報告の
第一弾は何にしようか悩みましたが、毎年、オープンした頃に観察している本種にしました。
季節的なものなのか、水温的なものなのかは判りませんが不思議と毎年、秋口から年末に
かけてここ内浦ビーチでは良く観察出来る気がします。

kamisoriuo20161002c
kamisoriuo20161002f
カミソリウオ   学名 Solenostomus cyanopterus
 トゲウオ目 / カミソリウオ科 / カミソリウオ属

撮影 2016年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-21m 大き約80mm
英名 Robust Ghost Pipefish
生息域 房総半島以南、紅海、東アフリカ、インド、フィジー、西部太平洋など

水深が3m~30mぐらいの岩礁域や珊瑚礁域、及びその周辺の砂底や藻場等にて、
海藻類や海草類等に寄りそい波などに漂う様に頭部を下に向け浮遊しております。
体型は細長く著しく即偏しており、吻は長く腹鰭と尾鰭は大きい。
吻や尾柄部の形は個体によって多少異なっておりますが、体色だけで無く体型も
寄り添っているそれらに似せている事で擬態していると考えられております。

kamisoriuo20161002h
kamisoriuo20161002gkamisoriuo20161002j
撮影 2016年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-21m 大き約80mm/60mm

観察した当日の1本目にはひとりもんでしたが、2本目に見ると少し離れたところに雌雄が単独で
居ましたので、お見合いがてら撮影してる時だけちょっと一緒になって貰いました。

kamisoriuo20160730b
撮影 2016年7月:三重県尾鷲市三木浦 ナナコのダボ 水深-16m 大き約70mm

過去には本種と、フウライウオ ノコギリフウライウオ の3種類に分けられておりましたが、近年の
研究者達による分類学的研究の進歩によって、現在では全て同一種である事が明らかになって
おります。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > カミソリウオ科 | 三木浦 | 紀伊大島須江 > カミソリウオ その4

Page top