かじきあん > ブログ トップ > キンチャクダイ科 | 串本 | 紀伊大島須江 > アカハラヤッコ その2

アカハラヤッコ その2

毎年この季節になると第二次世界大戦に関連したドラマや記録映像、ドキュメンタリー
などのTV番組を見る機会が多くなりますが、今夜はNHKのBSチャンネルで 戦艦武蔵の
搭乗員とその家族を描いた放送がありました。

毎年こう言った番組を見る度に、当時多くの優秀な若い人材を失ってしまった事に実に
勿体ない事をしたと思います。
もしも第二次世界大戦が無ければ、日本の技術や文明文化はもっと進んでいたはずで
残念に思います。

akaharayakko20160717d
akaharayakko20160717bakaharayakko20160717c
アカハラヤッコ  学名 Centropyge ferrugata
 スズキ目 / キンチャクダイ科 / アブラヤッコ属

撮影 2016年7月:和歌山県串本町 備前 水深-18m 大きさ約90mm
英名 Rusty angelfish
生息域 小笠原諸島、八丈島、和歌山県以南 ~ 琉球列島、台湾、西部太平洋域など。

水深が10m~30mぐらいまでの珊瑚礁域や岩礁域にて、小数匹の群れを形成し生息して
おります。
体色は頭部から背側にかけて灰白色が広がり、体側面の腹部より後半は赤みを帯びていて
多数の黒色の短めの横線か、もしくは点線の斑点が入りますが、これらの横線や点線には
個体差が多く見られます。

また背鰭と腹鰭、臀鰭はそれぞれ赤茶色にて、背鰭と臀鰭の後縁部は黒色の太い横帯状に
染まり、共に青色で縁取られます。

akaharayakko20140322dakaharayakko20140322b
撮影 2014年1月:紀伊大島須江 内浦ビーチ 水深-4m 大きさ60mmぐらい

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > キンチャクダイ科 | 串本 | 紀伊大島須江 > アカハラヤッコ その2

Page top