かじきあん > ブログ トップ > カノコキセワタ科 | セブ島 > ワモンキセワタ その2

ワモンキセワタ その2

ちょっとしょうも無い話ですが、以前から不思議に思ってる事があります。
いつも寝る前に歯を磨いて寝て、翌朝ご飯食べてから同じ歯ブラシで歯を磨きますが、
空気が乾燥している冬の季節に寝る前に使った歯ブラシが、翌朝使う時に未だ濡れて
居るのに、この梅雨の湿度が高いと言う季節なのに毎朝乾いております。
歯ブラシが置いてある洗面所はエアコンも無く、明らかに冬より今の梅雨の季節の方が
湿度計の数値は高いんですが、何故なんでしょうね。

wamonkisewata20150409b
wamonkisewata20150409d
ワモンキセワタ  学名 Philinopsis pilsbryi
頭楯目 / キセワタ上科 / カノコキセワタ科 / カノコキセワタ属

撮影 2015年4月:フィリピン・セブ島 水深-12m 大きさ約40mm
生息域 屋久島以南~西部太平洋域、インド洋域など。

内湾から外洋に面した岩礁域や珊瑚礁域、水深も5m~40mぐらいと広範囲に生息する
種ではありますが、希種でもあります。
体地色は乳白色から淡黄色にて、体の下部を除く全身にわたって黒色の大きな輪状の
斑紋で覆われておりますが、個体によっては輪状では無い個体も観察されます。

wamonkisewata20150905b
wamonkisewata20150905awamonkisewata20150905c
撮影 2015年9月:フィリピン・セブ島 水深-12m 大きさ約50mm

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > カノコキセワタ科 | セブ島 > ワモンキセワタ その2

Page top