かじきあん > ブログ トップ > スズメダイ科 | バリ島 > ウエッジスポットダムゼル その3

ウエッジスポットダムゼル その3

先ほど観ていたTVのNEWSで自分は初めて知りましたが、アメリカの大統領専用飛行機の
“エアフォースワン” は有名ですが、大統領専用ヘリコブターも有るんですね。
“マンリーワン” と呼ばれるそうで、伊勢志摩サミットに向けて本日、愛知県営名古屋空港に
アメリカ空軍の大型長距離輸送機C-17に乗せられて2機日本にやってきてました。

今回のサミット出席でオバマ大統領が来日した際に、セントレアからサミット会場迄とか
サミット後の広島訪問の大統領の移動に使われるらしいですが、その関係者の移動には
オスプレイが使われるそうで、こちらも5機が愛知県営名古屋空港に本日到着したそうで、
明日から中部空港からサミット会場近くのヘリポートに向けてテスト飛行をするそうです。
この週末は飛行機ヲタクには熱い、県営名古屋空港やセントレアになりそうですね。

WedgespotDamselYg20160128g
WedgespotDamselYg20160128cWedgespotDamselYg20160128e
ウエッジスポットダムゼルの幼魚 学名 Pomacentrus cuneatus
 スズキ目 / スズメダイ科 / ソラスズメダイ属

撮影 2016年1月:インドネシア・バリ島 シークレットベイ 水深-6m 大きさ30mmぐらい 
英名 Wedgespot Damsel
生息域 フィリピン、インドネシアなど西部太平洋域など。

水深が10mぐらいまでの内湾、珊瑚礁域の砂底や砂泥底等に生息しております。
幼魚の体地色は上半身が藍色で下半身が黄色にて、吻端から後方にかけて水色の縦帯が
3本入り、背鰭には水色の輪で囲われた黒色の眼状斑があります。
成魚の体地色は藍色にて、吻端から背鰭前側の基部までと吻端から眼の上位置と下位置を
通る水色の短い縦線が入り、吻端から胸鰭基部までの頬部に点列の水色の短い縦線や小さな
斑点が入ります。
また体側面の鱗は青色で縁どられ、背鰭後方に水色の輪で囲われた黒色の眼状斑が有ります。

WedgespotDamselYg20160128d

幼魚の小さなステージでは似たスズメダイ科の生物が多く、 ブルースポット・ダムゼル や、
ブルーバック・ダムゼル スズメダイモドキ 等の幼魚との識別が困難です。

そんな困難なスズメダイ科の幼魚に対する自分の個人的な識別方法は、 こちら を、参考に
して下さい。

なお本種の成魚の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > スズメダイ科 | バリ島 > ウエッジスポットダムゼル その3

Page top