かじきあん > ブログ トップ > カワハギ科 | 柏島 > カワハギ その2

カワハギ その2

今朝も出勤前に昨日の雨上がり後のお墓掃除へと行ってみると、墓地公園手前の道路が
渋滞しております。
今日はお彼岸の中日だったんですね、おかげで危うく遅刻しそうになりました。

いつもの朝だと2~3人ぐらいしか来ていないので、自分の車を駐車する場所は常に同じ
位置、墓地公園に設備されている手桶とひしゃくは、いつも同じ物を使っております。
公共物ながら勝手にマイ駐車場にマイ手桶、マイひしゃくと決めている訳ですが、お盆や
年末年始、お彼岸の時などは、他人に使われてしまっている事が多くて困ります。

まぁ公共物なので、誰が使おうが自由なのは当たり前なんですが。
使った後に置いておく位置ぐらいは、変えないで欲しいな。

kawahagiYg20150803g
kawahagiYg20150803f
kawahagiYg20150803h
カワハギの幼魚  学名 Stephanolepis cirrhifer
 フグ目 / カワハギ科 / カワハギ属

撮影 2015年8月:高知県大月町柏島 竜の浜 水深-8m 大きさ15mmぐらい
英名 Thread-sail filefish
生息域 北海道以南 ~ 東シナ海など。

水深が100mぐらい迄の岩礁域沿岸の砂底や砂泥底、貝殻底などに生息しており、幼魚の頃は
流れ藻や浮遊物についております。
体型は強く即偏していて菱形、体の厚みは無く、背鰭棘は眼後端の上方に有るなどが特徴。
体色には若干の変異がありますが、灰褐色から淡褐色のものが多く、体側面に途切れがちな
暗色の縦帯が入ります。
雄の成魚では背鰭の前部軟条が糸状に伸長しますか、雌では伸び無いことで、雌雄の判別が
可能です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > カワハギ科 | 柏島 > カワハギ その2

Page top