かじきあん > ブログ トップ > フサカサゴ科 | マクタン島 > ネッタイミノカサゴ その2

ネッタイミノカサゴ その2

先日、ねねちゃんが遊びに来てくれた時にねねちゃんと、さなちゃん、お母さん用にと
ホワイトデーのプレゼントを渡しました。
ねねちゃんに「今日は何の日か知ってる?」と尋ねると、まだ年中さんだからなのか
「知らな~い」って返答でした。
更に聞くとバレンタインデーは何となく知ってるみたいでしたが、怪しいかな~Ww

nettaiminokasagoB20150903c
nettaiminokasago20150903b
ネッタイミノカサゴ  学名 Pterois antennata
 スズキ目 / カサゴ亜目 / フサカサゴ科 / ミノカサゴ属

撮影 2015年9月:フィリピン・マクタン島 水深-5m 大き40~50mmぐらい
英名 Spotfin Lionfish
生息域 小笠原諸島、伊豆半島以南 ~ 太平洋域、インド洋など。

岩礁域や珊瑚礁域にて沿岸から外海までの広い範囲に生息しております。
胸鰭の鰭条が糸状に長く伸びており、鰭膜は鰭条の先端まで達しない事などで他の
ミノカサゴ属の生物と識別が出来ます。
夜行性で日昼は珊瑚の奥や岩陰、岩穴などに隠れておりますが、夜になると出てきて、
水底近くにとどまります。

本種も他のミノカサゴ属の生物同様に、背鰭の棘に強い毒があり刺されると危険です。
また近似種の キリンミノ は尾柄部の色彩模様がTの字になっていて、本種は普通の
縞模様であることで識別が可能です。

nettaiminokasago20150412a
撮影 2015年4月:フィリピン・マクタン島 水深-5m 大き50mmぐらい

nettaiminokasago20150116a
撮影 2015年1月:フィリピン・マクタン島 水深-5m 大き40mmぐらい

国内でも観察が出来る種にて、特に南の島で無ければ観察出来ない訳でもありませんが
見る度に撮影してしまいます。
なのに観察報告はやっと2回目と、撮影する割にはって感じですね。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > フサカサゴ科 | マクタン島 > ネッタイミノカサゴ その2

Page top