かじきあん > ブログ トップ > フサカサゴ科 | 柏島 > サツマカサゴ その2

サツマカサゴ その2

本日はナイトダイビングの予定でしたが諸事情にて中止となってしまい、先週に引き続き
朝から “ねこまるファーム” にて草抜き、春じゃがの植え付け、里芋と安納芋のポットでの
仮植えなどの作業を手伝ってきました。
先週は昼ぐらいから雨に降られましたが、今日は綺麗な青空が広がり良い天気にて背中に
貼ってたホッカイロは不要なぐらい暖かったです。

ジャガイモは一人一人が一種類を担当、自分は”レッドムーン”と言う品種を植えましたが
自分が植えた品種だけ育たないなんて事は無い様に祈るばかりです。

satumakasago20151013d
satumakasago20151013f
サツマカサゴ   学名 Scorpaenopsis neglecta
 スズキ目 / カサゴ亜目 / フサカサゴ科 / オニカサゴ属

撮影 2015年10月:高知県大月町柏島 竜の浜 水深-8m 大きさ200mmぐらい
英名 Bandtail scorpionfish
生息域 伊豆諸島、伊豆半島以南 ~ 琉球列島、東インド洋、西部太平洋域など。

沿岸域の岩礁帯や珊瑚礁域、その周辺の砂地に生息しております。
背鰭基底部の前方で体の背縁が顕著に盛り上がり、胸鰭内側の基底部に複数の黒色斑紋が
有る事や、鰭膜内側の外縁付近に黒色帯が1本入る事等が特徴です。

近似種の ニライカサゴ は、胸鰭内側の胸鰭第1軟条~第6軟条と上部の間に楕円形の黒斑が
有る事で、識別が可能です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > フサカサゴ科 | 柏島 > サツマカサゴ その2

Page top