かじきあん > ブログ トップ > ベラ科 | マクタン島 > カマスベラ その2

カマスベラ その2

先日、友人から「宝くじに当たったんだけど奥さんに話すべきかどう思う」との相談を
受けました。
金額は700万円らしく、確かに1億円以上とかなら家庭生活が壊れる事も有るらしいので
話さない方が良いかなと考えない事もありませんが、100万円ぐらいなら話した方が
良いでしょうし、しかし700万円とはまぁなんとも微妙な金額です。
まずあり得ない事ですけど自分の立場だったらと考えてみると、ちょっと明確な回答を
即答しかねる相談でした。
相談料としてD500買ってくれと言いましたが、彼はダイバーでは無いのでなんだそりゃと
言われ、もちろん断わられました。

さて本日は既に1年以上も前に撮影した画像ですが、この後にもっと上手に撮れてから
載せようとストックしてましたが、1年経っても撮れないままなので思い切って報告に
使わせていただきます。
へたっぴな画像で申し訳ございません。

kamasubera20150117e
kamasubera20150117dkamasubera20150117g
kamasubera20150117b
カマスベラ  学名 Cheilio inermis
 スズキ目 / ベラ科 / カマスベラ属

撮影 2015年1月:フィリピン・マクタン島 水深-8m 大きさ100mmぐらい
英名 Cigar Wrasse
生息域 千葉県、富山県以南 ~ 琉球列島、インド洋、西部太平洋域など。

珊瑚礁域やその周辺の海藻などの藻場にて、水深が1m~5mぐらいの岩礁と砂地の
境界あたりに生息しております。
体高は低くて吻が長は細長い体形をしており、色彩変異が多く淡赤色や赤褐色の縞模様、
淡緑色、緑色の縞模様、黄色など多くの体色が観察出来ます。
脅威を感じたり夜間の睡眠時は砂の中に潜る習性が有り、和名はその名前のとおり
カマス に似ている事から付けられております。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > ベラ科 | マクタン島 > カマスベラ その2

Page top