かじきあん > ブログ トップ > タテジマウミウシ科 | 三木浦 > ハナオトメウミウシ その4

ハナオトメウミウシ その4

今朝いつもの様に朝起きて、匡平の仏壇にお経を唱える前の掃除をしていた時に、この春に
買ったばかりのピンク色の桜模様の蝋燭立てを落として割ってしまいました。
そして出社してマスクを付けようとしたら、新品のマスクのヒモが切れました。

2回も続くと3度目は、3度目は・・・
と心配してましたが、今のところ特に何もありません・・・良かった。



ハナオトメウミウシ  学名 Dermatobranchus ornatus
裸鰓目 / タテジマウミウシ亜目 / タテジマウミウシ科 / オトメウミウシ属

撮影 2014年7月:三重県尾鷲市三木浦 ナナコのダボ 水深 -16m 大きさ約40mmぐらい
生息域 伊豆大島、千葉県以南の太平洋域など

体地色は乳白色にて外套緑や口幕緑は、明黄色、もしくは橙色で縁取られており、背部には
同じく明黄色、もしくは橙色の複数の突起が点在しております。
また触角は濃青色にて、先端の表面は白く縁取られます。

近似種の アワシマオトメウミウシ は、背中に突起が無い事で識別が可能です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > タテジマウミウシ科 | 三木浦 > ハナオトメウミウシ その4

Page top