かじきあん > ブログ トップ > ベラ科 | マクタン島 > カザリキュウセン

カザリキュウセン

本日はちょっと、イケてない写真で申し訳ございません。
鰭も開いていないし右向きの写真もありませんが、ベラネタのストックが乏しく
苦し紛れに採用させていただきました。
次回、南の島へ遠征時にはバチッと写して、再報告させていただきます。



カザリキュウセンの雌 学名 Halichoeres melanurus
スズキ目 / ベラ科 / キュウセン属

撮影 2013年1月:フィリピン・マクタン島 水深-5m 大きさ100mmぐらい
英名 Pinstriped wrasse
生息域 小笠原諸島、和歌山県以南 ~ 西部太平洋域、東インド洋など。

珊瑚礁域や岩礁域の浅い水深、瓦礫砂底や礁湖、礁池などに生息しており昼間は
遊泳していますが、夜間は砂底に潜って眠ります。
体地色は青緑色にて、雄は頭部から胸鰭の基部あたりまでは濃橙色の縦帯があり
特に頬部の帯は「へ」の字状、胸びれ以降の下半身は濃橙色の大きな横帯斑紋に
なり尾鰭の縁には大きく黒色に染まります。

本写真の雌や幼魚は体側面に濃橙色の縦帯が数本入り、背鰭や尾柄部に眼状斑が
入ります。

かじきあん > ブログ トップ > ベラ科 | マクタン島 > カザリキュウセン

Page top