かじきあん > ブログ トップ > ウミテング科 | 大瀬崎 | 柏島 > ウミテング その3

ウミテング その3

このところ欧州各国でのプロサッカーリーグが相次いで終了し、参加されてる日本人選手の
帰国が各マスメディアで報道されておりますが、Jリーグでも現在の春~秋のシーズンを
欧州スタイルの秋~春のシーズンに変更する案が検討されているそうです。

ワールドカップやオリンピック、欧州カップ等の国際マッチは、当然、現在の欧州スタイルに
併せているわけで、Jリーグも早々に改めるべきでは無いかと自分は思います。




ウミテング  学名 eurypegasus draconis
 トゲウオ目 / ウミテング科 / ウミテング属

撮影 2012年3月:柏島 後浜 水深-8m 大きさ70mmぐらい
英名 Dragon seamoth
生息域 千葉県以南 ~ ハワイ諸島などを除く太平洋域、インド洋、
    紅海、東アフリカ、フレンチポリネシアなど

岩礁域や珊瑚礁域などの沿岸域の浅い水深の砂泥底域に、泳ぐと言うよりも水底を這いずり
回る様な移動方法をしながら生息しております。
トゲウオ目ではありますが、口は筒状には伸びずに吻が棒状で、吻の付け根の下側に小さな
口がある独特の体型。
体背面は硬い骨板で被われており、凸凹した形状をしております。




撮影 2012年5月:大瀬崎 湾内 水深-13m 大きさ30mmぐらい

こちらは先々週末に大瀬崎で観察した本種の幼魚、本種を見たこと無い人には判りづらいかと
思って、動画も撮ってみました。

近くにいたミノカサゴが狙ってるような、そうでも無い様な。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ > ウミテング科 | 大瀬崎 | 柏島 > ウミテング その3

Page top