かじきあん > ブログ トップ

    • 2018
    • 01/16

ハマフグ その6

本日の観察報告の生物はハコフグ科の多くの種の中で自分が一番好きな
ハコフグですが、過去に何度も観察していてもナイトで観察することは
今回が初めてでした。
それで見た印象はと言うとあまり昼間の体色と変化はありませんでした。
強いて上げれば体側面後部の水色の不規則な帯や線が蛍光してたかなと。

hamafuguB20180106d
hamafuguB20180106b
ハマフグのナイトカラー  学名 Tetrosomus concatenatus
 フグ目 / ハコフグ科 / ラクダハコフグ属

撮影 2018年1月:和歌山県紀伊大島須江
            内浦ビーチ 水深-22m 大きさ約60mm 
生息域 三浦半島以南の大平洋岸、琉球列島
                  ~ インド洋、西部太平洋域など

岩礁域や珊瑚礁域にて、水深が 50m以浅の沿岸の砂底や砂泥底に単独で
生息しており、体地色は薄茶色にて、全身に蜂の巣状に茶褐色の模様が
入り青色の細点が頭部と背部、尾柄部に散在します。

眼の上部に2本の棘が有る事や、背中の隆起部の頂点付近にも2本の棘が
有る事で本種との特定が可能ですが、ハコフグ科の多くが正面から見ると
四角形であるのに対して、本種は三角形の形をしている事が最大の特長と
思えます。

hamafugu20180106c
hamafugu20180106a
hamafugu20180106e
撮影 2018年1月:和歌山県紀伊大島須江
            内浦ビーチ 水深-23m 大きさ約60mm 

おそらく同じ固体かと思いますが、昼間の姿です。
やはり本種は正面からの三角形のフォルムがララァ・スンが乗っていた
エルメスみたいで、いつ見てもかっこいいなと思います。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 01/16

ヒョウモンダコ その4

松も明け、年末年始の休日ムードはすっかり無くなりいつもの世間に
戻りましたが、通勤途中に見かける女子高生の姿に目が行きます。
こんな厳しい寒さの中なのにミニスカートに生足姿、しかし上半身は
ショートコートや厚手のセーターにマフラー姿等の防寒姿がほとんど
ですので、きっとファッション美的感覚だけで耐えているんでしょう。

いつの時代も流行発信最先端の女子高生ですが、こんなストイックな
所から素晴らしい感性が産まれてるんでしょうね。

hyoumondako20180106p
hyoumondako20180106n
ヒョウモンダコ  学名 Hapalochlaena fasciata
 タコ目 / マダコ科 / ヒョウモンダコ属

撮影 2018年1月:和歌山県紀伊大島須江
           内浦ビーチ 水深-4m 大きさ頭長約20mm 
英名 Bluespot octopus
生息域 相模湾以南の南日本の太平洋側
       ~ 琉球列島、インド洋、太平洋域、オーストラリアなど

岩礁域や珊瑚礁域にて岩壁や壁面亀裂などに単独で生息しております。
大きく育っても100mm程度の小型種にて普段は岩肌や海草などに似せた
地味な体色で擬態しておりますが、興奮すると蛍光色の青い輪っかや筋が
体表面に浮かび上がり、更に興奮が増してピークに達すると体色が黄色に
変わります。

唾液の中に神経性毒のテトロドトキシンを持っており、身の危険を感じると
この唾液を吐いたり、噛みついて相手に注入したりします。
噛まれてもさほど痛みは無いそうですが、かなり強い毒なので神経マヒや、
呼吸困難になり最悪の場合は心肺停止など死に至るらしいです。

hyoumondako20180106a

最初に見つけた時はこんな感じで擬態してましたが。

hyoumondako20180106b

撮影する為のストロボの光が当たると反応して体色が変化し始め。

hyoumondako20180106d
hyoumondako20180106g

体色が明らかに変わると、今度は驚異から逃れようと逃げ始めました。

hyoumondako20180106k

そして逃げて移動した所でも、再び変色して威嚇しておりました。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 01/15

内浦ビーチ、天竺鯛スペシャル

日頃から和暦よりも西暦を好んで使う自分ですが、平成の元号が使えるのも
あと1年ちょっとかと思うと、2018年よりも平成30年の言葉の方が何故か
重い言葉に感じてしまいます。

そんな平成30年のアポゴンマンデイ初回はいつもの1種だけの報告では無く、
新年早々に今年初ナイトで潜った内浦ビーチで観察出来たアポゴンの報告を
させていただきます。

sakuratenjikudai20180106a
サクラテンジクダイ  学名 Cercamia eremia
 水深-8m 大きさ約40mm

内浦ビーチのナイトのアポゴンと言えば本種。
夜が更けてくると転石帯や岩場だけで無く、砂地に降りてきます。

yokosujiishimochi20180106a
ヨコスジイシモチ 学名 Apogonichthyoides sialis
 水深-12m 大きさ約100mm 

以前は観察出来ませんでしたが、平成27年秋に内浦ビーチで初観察が出来、
それからは毎年観察出来てます。

hitosujiishimochi20180106a
ヒトスジイシモチ 学名 Pristiapogon exostigma
 水深-12m 大きさ約60mm 

こちらはナイトで潜ると以前から偶に観察出来ます。

kasuriishimochi20180106a
カスリイシモチ 学名 Pristiapogon kallopterus
 水深-8m 大きさ約80mm

潮岬を挟んで串本町の西エリアでは普通に観察出来ますが、内浦ビーチでは
自分としては初観察でした。

yaraiishimochi20180106a
ヤライイシモチ 学名 Cheilodipterus quinquelineatus
 水深-18m 大きさ約60mm

こちらも潮岬を挟んで串本町の西エリアでは観察出来ますが、内浦ビーチでは
自分としては初観察です。

oosujiishimochi20180106a
オオスジイシモチ 学名 Ostorhinchus doederleini
 水深-12m 大きさ約60mm

こちらは昼間でも普通に観られます。

aosujitenjikudai20180106a
アオスジテンジクダイ 学名 Ostorhinchus aureus

こちらは昼間には全く観られません。
でも潮岬を挟んだ串本町の西エリアでは、昼間に普通に観察出来ます。

kinsenishimochi20180106a
キンセンイシモチ 学名 Ostorhinchus properuptu
 水深-5m 大きさ約40mm

こちらは昼間でも時々観られます。
因みに自分が本種を観察した北限です。

他にも ネンブツダイ クロホシイシモチ コスジイシモチ スジオテンジクダイ
等も観察しましたが、残念ながら撮り忘れておりました。
1本のナイトダイビングでこれだけの種類のアポゴンが観察出来る内浦ビーチ。
串本町でナイトで潜れるポイントは少なくて、潜れるポイントの中で一番多くの
アポゴンが観察出来るポイントかと思います。

    • 2018
    • 01/14

チョウチョウコショウダイ その4

産休に入った2名の社員の担当業務を年末から引き継いでおりますが、
想定以上のスキル取得が必用となりこの週末の土日曜は連日出社して
PC漬けになってました。
販売システムのメンテナンススキルやら、Excelの新たな関数のマスタ
などやら色々と定年間近のこの年齢で覚えなくちゃいけないとは。
四十の手習いならぬ六十の手習いにて、頭の中が覚醒しそうです。

choichoukosyoudai20170909b
choichoukosyoudai20170909a
チョウチョウコショウダイ  学名 Plectorhinchus chaetodonoides
 スズキ目 / イサキ科 / コショウダイ属

撮影 2017年9月:フィリピン・ナルスアン島 水深-5m 大きさ約500mm
英名 Manyspotted sweetlips
生息域 小笠原諸島、和歌山県、高知県以南
                   ~ 西部太平洋域、インド洋など

沿岸近くの水深の浅い岩礁域瑚礁域周辺の、砂底や岩穴などで生息して
おりますが、大きく成長すると潮度音の良い崖などで小さな群れを
つくります。
幼魚の頃は浅所や藻場等で、頭部を斜め下方向に向けて体をくねくねと
踊らせて単独で生息しております。

幼魚の頃の体地色は薄茶色にて、濃茶色の縁取りがある白色斑が7個あり、
各鰭の端部は白色、長い腹鰭が特徴です。
しかしこの体色は成長すると共に色合いが逆転し、成魚になると淡色の
体地色に暗褐色の斑点が体全体に広がる様に変わります。

本種の過去の報告は、 こちら をどうぞ。

    • 2018
    • 01/13

ミカドチョウチョウウオ その6

本日のセンター試験は全国各地で降雪の影響で大変だったみたいですが、
このNEWS、今まで何度も観てきた気がします。
例年に渡ってこんな同じ影響があるんであれば、いっその事センター試験
自体を天候が落ち着いてる秋頃に変更すれば良いのにと、毎年こんな内容の
NEWSを聞く度にそう思ってしまいます。

mikadochouchouuoYg20170208a
撮影 2017年2月:フィリピン・マクタン島 水深-5m 大きさ約25mm

mikadochouchouuoYg20170912a
撮影 2015年9月:フィリピン・マクタン島 水深-8m 大きさ約25mm

ミカドチョウチョウウオの幼魚  学名 Chaetodon baronessa
スズキ目 / チョウチョウウオ科 / チョウチョウウオ属
英名 Eastern triangular Butterflyfish
生息域 駿河湾以南
        ~ インド洋、東オーストラリア、西、中、南太平洋域など。

珊瑚礁域の礁池や礁湖等、珊瑚礁の外縁部、礁斜面など、珊瑚が発達してる所に
成魚の多くはペアで生息しておりますが、幼魚の頃は単独で珊瑚の隙間などに
隠れる様に生息しております。

体型は側扁していて背鰭や臀鰭の中央が高く発達しており、主にはミドリイシ類の
ポリプを好んで食べています。
また体色は、頭部には眼の上を通る暗褐色の2本の横帯があり、体側面の胸鰭より
後には”く”の字型の黄色の横縞が全体に広がる色彩が特徴にて、和名のミカドの
由来になっております。

mikadochouchouuoYg20161122dmikadochouchouuoYg20161122c
撮影 2016年11月:高知県大月町柏島 水深-8m 大きさ約40mm

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 01/12

ローランズデモイゼル その4

本日観察報告の生物はパラオで初めて見た時や、数年前にセブで久々に見た
時には成魚をガンガン撮っていたのに、今では20mm以下の幼魚しか撮らない
様になってしまったスズメダイ。
でもスズメダイ全般に同じ様な撮影思考になっているのは、きっと自分だけ
ではないですよね。

RollandsDemoiselle20170912d
RollandsDemoiselle20170912b
RollandsDemoiselle20170912c
ローランズデモイゼルの幼魚 学名 Chrysiptera rollandi
 スズキ目 / スズメダイ科 / ルリスズメダイ属

撮影 2017年9月:フィリピン・マクタン島 水深-5m 大きさ約20mm 
英名 Rolland’s Demoiselle
生息域 フィリピン以南~インド洋、西部太平洋域、紅海など。

水深が2m~35mの珊瑚礁域にて、潮通しの良い礁外縁部や礁斜面などに
棲息しております。
体色は体側面の斜前部が藍色にて斜後部は白色、白色の長く伸びる腹鰭が
特長です。
また幼魚の頃は頭頂部に光沢の有る青白色の輪っかが有りますが、成長を
すると共に消えてしまいます。

RollandsDemoiselle20170908d
RollandsDemoiselle20170908c
RollandsDemoiselle20170908e
撮影 2017年9月:フィリピン・マクタン島 水深-5m 大きさ約15mm 

本種の過去の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 01/11

キスジキュウセン その4

今日は1月11日、天国に行かなければ二男の匡平の34歳の誕生日です。
と言う事で、今朝は出社前にちっちゃなケーキをお墓にお供えに行き
ましたが、広い墓地公園に自分以外は誰も居ませんでした。
つい先日の年末年始には凄い人で賑わっていたのに、例年通り三が日も
過ぎればお墓参りブームは見事に去っている様です。

kisujikyuusen20171123c
kisujikyuusen20171123akisujikyuusen20171123d
キスジキュウセンの雄  学名 Halichoeres hartzfeldii
 スズキ目 / ベラ科 / キュウセン属

撮影2017年11月:高知県大月町柏島 水深-8m 大きさ約100mm
英名 Checkerboard wrasse
生息域 駿河湾以南 ~ 西部太平洋域など。

岩礁域や珊瑚礁域の、傾斜面や砂礫底に生息しております。
体地色は雄は青みがかった銀白色にて、黄橙色の太い縦帯が吻端から
眼を通り尾柄部まで1本と背鰭基部に1本がそれぞれ走り、体側面の
後方に黒色の斑点が3個入ります

kisujikyuusenYg20171123c
kisujikyuusenYg20171123b
撮影2017年11月:高知県大月町柏島 水深-12m 大きさ約15mm

kisujikyuusenYg20180107b
kisujikyuusenYg20180107c
雄:撮影2018年1月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                   水深12m 大きさ約40mm

小さい幼魚ほど2本の縦帯は赤みがかった橙色にて、尾柄部に黒色の
斑点が1個入ります。
また幼魚の頃は イトベラ の幼魚と非常によく似ておりますが、臀鰭の
軟条数が本種は11本で、イトベラ は10本しかない事で識別が可能です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 01/10

インドアカタチ

昨年11月に柏島で潜った時にドライスーツが水没し、修理に出してた事も
あって約2ヶ月ぶりの先日の今年の初潜り、1本目に潜った後にドライを
脱ぐと腰から下が水没してます。
紙おむつパンツを溢れるぐらいのおしっこしても気づかないぐらいボケて
しまったかと悲観に暮れてましたが、紙おむつパンツは濡れてません。

そして2本目を潜り終えドライを脱ぐと今度は全く濡れてません。
自分のドライは腹側の胸から腰にかけての斜めファスナーですので、多分
腰のところが少しだけ閉まりきってなかったからかと思います。
いやまだボケてなくて良かったです。

indoakatachi20180107g
indoakatachi20180106a
indoakatachi20180107a
インドアカタチ  学名 Acanthocepola indica
 スズキ目 / アカタチ科 / アカタチ属

撮影 2018年1月:和歌山県紀伊大島須江
             内浦ビーチ 水深-24m 大きさ約400mm
英名 Indica bandfish
生息域 相模湾以南 ~ 琉球列島、
           東シナ海、台湾、中国、海南島、インドなど

水深が20m~200mぐらいの砂泥底や泥底域に生息しており、海底に複数の
大きな巣穴を掘り巣穴のすぐ近くの中層でホバリングしながら生息しており
ますが、危険を感じると巣穴の中に隠れます。
他のアカタチ属に比べて体高は高く、体長が体高の7倍と太短い体形にて、
背鰭、臀鰭と尾鰭は連続しております。
体地色は各鰭も含め全身に渡って光沢のある赤橙色にて、背鰭の前方に大きな
楕円形の黒色斑紋が入ります。

itenakatachi20180107f
イッテンアカタチ  学名 A.limbata
撮影 2018年1月:和歌山県紀伊大島須江
             内浦ビーチ 水深-24m 大きさ約500mm

近似種の イッテンアカタチ は体長が体高の13倍と細長い事や、背鰭軟状数が
102~104状数にて、インドアカタチ は78~85状数な事などで識別が可能です。

    • 2018
    • 01/09

マツカサウオ その4

毎年1月9日は我が家のお寺さんの大般若会にて、毎年休暇を頂戴して
お参りしております。
本日も休暇を頂戴し朝から匡平のお墓掃除に行って午後からお寺さんに
行こうとしていたところ、約10年振りに携わる事になった業務内容で
急遽本日から変更する内容のメールが届き、午前中は出社して仕事する
事になりました。

請け負う前に想定していた事ではありますが、こんな調子でしばらくは
今まで満喫していた平日の休暇は難しそうです。

matukasauoYg20180106h
matukasauoYg20180106a
マツカサウオの幼魚  学名 Monocentris japonica
 キンメダイ目 / マツカサウオ科 / マツカサウオ属

撮影 2018年1月:和歌山県紀伊大島須江
             内浦ビーチ 水深-21m 大きさ約30mm 
英名 Pinecone fish
生息域 北海道南部以南 ~ 西部太平洋域、オーストラリア南部など

沿岸部の比較的浅い水深の岩礁域にて、日中は岩穴や棚奥などに隠れる
様にして生息をしており夜間になると出てきます。
体形は卵型の円形にて、全身が硬くて隆起のある大きな鱗に覆われており、
それら鱗には後ろ向きに棘が付いております。
一般の魚類の様に身体をくねらせて泳ぐ事は出来ず、鱗を使って泳ぎます。
体地色は黄色から橙色にて各鱗と鰓蓋の周囲は黒く縁取られており、下顎も
黒色に染まります。
また棘の摩擦や鰾で音を発する事が出来るそうです。

和名の由来は見てのとおり、硬いウロコに覆われている姿が “松かさ” に
似ているからですが、下顎の先端に発光体を持っており、その光で餌となる
生物をおびき寄せて補食します。

matukasauoYg20140322a
撮影 2014年3月:和歌山県紀伊大島須江
               内浦ビーチ 水深-9m 大きさ約20mm 

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2018
    • 01/04

オニハゼ属の1種 その2

いつもF-1GPのライブ放送をTV観戦する時は、公式サイトで閲覧出来る
リーディングボードを同時に見てますが、やはりデータ通信よりも映像
通信の方が遅くて1秒程度の遅延が発生します。
世界の国からのライブ中継などでも感じた方も居ると思いますが、遠く
離れた所からですから仕方ないと思ってましたが、この正月のdocomoの
CFを見て驚きました。

Perfumeの3人が東京とニューヨーク、ロンドンの3ケ所に別れて、同時に
踊りながら歌うCFですが、次世代通信規格の5Gでの映像通信を用いており
遅延がほとんどありません。
現在の4Gでの通信速度はほぼ3.5Gbpsにて通信遅延は約0,01秒と言われて
ますが、5Gでは通信速度は10Gbps程度、通信容量は4Gの1000倍になり、
遅延も0.001秒に成るそうで、0.001秒なら判らない訳ですね。
2020年にサービス開始予定ですが、通信費がどこまで上がるのかちょっと
怖いところです。

onihazeSp20170713a
onihazeSp20170713c
オニハゼ属の1種  学名 Tomiyamichthys Sp
 スズキ目 / ハゼ科 / オニハゼ属
生息域 伊豆大島、伊豆半島、三重県尾鷲市三木浦、高知県、奄美大島、
    沖縄諸島、西表島など。

雌:撮影2017年7月:高知県大月町柏島 水深28m 大きさ約40mm

水深が6m~35mの珊瑚礁域や岩礁域にて、礁斜面や礁砂混じりの砂底や
砂泥底にテッポウエビ類と単独かペアで共生しながら生息しております。
体地色は白色にて体側面に逆三角形状の暗褐色の大きな斑紋が複数入り、
体側面の真ん中あたりには黄色の斑点が不規則な横帯状に入ります。
雄の第1背鰭は三角形にて第2棘と第3棘が糸状に伸長しておりその間の
鰭膜は深く切れ込んでいて、雌の第1背鰭は円形にて各棘は伸長せず上縁
中央付近に黒色斑が入る事などが特徴。

onihazeSp20161105g
雄:撮影2016年11月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                   水深16m 大きさ約20mm

平凡社の「決定版日本のハゼ」では ホタテツノハゼ属の1種の3 として
掲載されておりますが、発刊後の近年に於いて ホタテツノハゼ属 自体が
オニハゼ属 に改められております。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

かじきあん > ブログ トップ

Feed

Page top