かじきあん > ブログ トップ

    • 2017
    • 11/19

クレナイヤドカリテッポウエビ

本日は午前中で仕事を切り上げて、午後から明日からの潜水地へ向け
移動しており、そんな途中にアップしております。
もちろん事前に書き上げておいた観察報告ですが、色々と調べてみても
情報が少なく自分のパッと見の情報だけで誠に申し訳ございません。

kurenaiyadokariteLtupouebi20170911j
kurenaiyadokariteLtupouebi20170911okurenaiyadokariteLtupouebi20170911l
kurenaiyadokariteLtupouebi20170911p
クレナイヤドカリテッポウエビ 学名 Aretopsis aegyptiaca
 十脚目 / コエビ下目 / テッポウエビ科 / ヤドカリテッポウエビ属

撮影 2017年9月:フィリピン・マクタン島 水深-8m 大きさ約30mm
生息域 高知県、琉球列島、フィリピンなど

コモンヤドカリなど大きめのヤドカリ類に共生しております。
体地色は濃紅色にて頭部から尾鰭までの背面に太い白色の縦帯が入り、
左右の大きさが異なる鋏脚も同様に濃紅色にて、中心に太い白色の
縦帯が入ります。

当然の事ながら本種を発見し撮影するにはヤドカリ類がホストとしている
貝殻を壊さないと不可能ですが、今回、見せていただいた アクエリアス
ダイバーズ さんは、最初に釣り餌用にとヤドカリ類を捕獲してい時に
偶然発見したらしいです。

kurenaiyadokariteLtupouebi20170911a
kurenaiyadokariteLtupouebi20170911c
kurenaiyadokariteLtupouebi20170911d
kurenaiyadokariteLtupouebi20170911e
kurenaiyadokariteLtupouebi20170911f

ヤドカリ類に共生する時は鋏脚を上下に振って、ノックする様な仕草で
コンタクトするそうですが、撮影時に試してみましたが本種が貝殻の中へ
入ろうとしても、ヤドカリの拒否行動が激しく入る事は出来ませんでした。
人間に例えれば寝ている布団の中に何か動物が入ってくる様なもんですから
そりゃあ、嫌でしょうね。

    • 2017
    • 11/18

アオノメハタ

すっかり寒くなってしまいましたが、先日に通学途中のネネちゃんに会うと
「さむいよ~」って言いながら、いつもの様に抱きついてきました。
しばらくそのままにしていると、何だかほっこり暖ったかい。
まるでネコを抱いてるみたいな暖かさで、思わず持って帰りたかったです。
まぁ、暖ったかくなくても持ち帰りたいのはいつも山々ですが。

aonomehata20170910b
アオノメハタ  学名 Cephalopholis argus
 スズキ目 / ハタ科 / ユカタハタ属

撮影 2017年9月:フィリピン ナルスアン島
                  水深-9m 大きさ約350mm
英名 Peacock Grouper、Argus Grouper、Peacock hind、など
生息域 小笠原諸島、八丈島、和歌山県以南の太平洋岸 ~
              琉球列島、紅海、インド洋、-太平洋域など。

水深が1m~40mほどの珊瑚礁域や岩礁域に生息しており、幼魚の頃は
潮間帯でも観察されます。
体色は緑褐色にて体側面に黒色で縁取られた青色の小斑紋が散在しており、
体側面の後半には白黄色の太い横帯を入りますが、この横帯は薄くしたり
濃くしたりとコントロールされております。

    • 2017
    • 11/17

ハナゴイ その4

昨日に続いて政府の税収改正の話ですが、子どもがいない世帯の所得税を
増税する案もあるらしいのですが、これは無いなと。
計画的に作らなかった世帯からは、育てるお金が軽減できたわけですから
良いとしても、残念ながら授からなかったご夫婦は子供を育てる楽しさや
苦労を希望してても味わえ無かったのですから。
もう少し人情深い税収改正を考えて欲しいですよね。

hanagoiYg20171015a
hanagoiYg20171015c
hanagoiYg20171015b
ハナゴイの幼魚  学名 Pseudanthias pascalus
 スズキ目 / ハタ科 / ナガハナダイ属

撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                     水深-5m 大きさ約40mm 
英名 Purple Queen
生息域 小笠原諸島、伊豆諸島、和歌山県、高知県、琉球列島
〜 中、西部太平洋の熱帯域など

水深が10m〜60mぐらいの珊瑚礁域や岩礁域などにて、潮通しの良い
珊瑚礁の外縁部や大きな根の周縁などで、大きな群れを形成して生息して
ますが、幼魚の頃は少数匹の群れで、比較的に浅い水深でも観察されます。
成魚の雄は吻が尖っており雌は丸め、体地色は成魚も幼魚も全身が赤紫色
にて、成魚の雄の背鰭後半は赤色に染まり、尾鰭が黄色くなる個体も
観察されます。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 11/16

カスリハゼ その5

政府が日本人、外国人を問わず日本から外国へ出国する人に対して
一人当たり1,000円の出国税の導入を検討しているそうです。
実施すると年間400億円ほどの税収入になるそうで、常々から自分は
外国によっては出国税を支払っているのに何故日本は無いんだろうと
思ってましたので、1,000円程度なら良いかと思います。

出国税を導入したら外国人の観光客が減るとの反対の意見の方もいる
様ですが、高額を支払って日本へ観光にくる外国人が1,000円の増額で
減少するとは、とても思えませんよね。

kasurihaze20171004c
kasurihaze20171004bkasurihaze20171004g
kasurihaze20171112c
カスリハゼ  学名 Mahidolia mystacina
 スズキ目 / ハゼ科 / カスリハゼ属

撮影 2017年10月/11月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
  水深-16m 大きさ約20mm~25mm
英名 Fragfin Shrimpgoby
生息域 千葉県以南 ~ 東アフリカ、インド洋、西部、南太平洋域など

水深が2m~20mぐらいの内湾湾奥の泥底や砂泥底、マングローブ域の
軟泥底などでテッポウエビ類と共生して生息しております。
最大60mm程まで成長し、基本的には巣穴の上でホバリングしており、
他の魚類や人間などが近づき脅威を感じると巣穴に引っ込んでしまいます。

体地色は暗褐色にて体側面に黒褐色の太い帯が斜走線がしており、第1背鰭の
模様が雌雄で異なり、雄は後部に鮮やかな青色と黒色の組み合わさった斑紋が
あり、前部に黒点があります。
また雌では、黄色の縦帯と斜帯が組み合わさっており後部の上部に青色の
小斑紋が入ります。

kasurihazeD20171112e
kasurihazeD20171112dkasurihazeC20171112b

不思議と内浦ビーチでの本種は水深が16m~20m近辺に、今回の報告のような
サイズの小さな個体が生息しており、水深が24m~26m近辺にサイズの大きい
個体が生息しており、大きい個体と小さい個体が同じ水深近くに一緒に生息して
おりません。
これは クサハゼ にも同様の傾向が見られますが、これらの種の特性なのか、
このポイントの環境が影響しているものか、どうなんでしょう。

因みに ダテハゼ オニハゼ は水深が12m~20m近辺にサイズの大きい個体と
小さい個体が混じって生息しております。

kasurihaze20171015b
kasurihaze20171015h
撮影 2017年10月/:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
        水深-18m 大きさ約20mm

10月にはこんな黄色い個体も観察出来ましたが、鰭がちっとも開かずでした。
なので再撮影にと先週末に捜しましたが、物覚えの悪い自分は生息してた場所を
見つける事が出来なくて、撮影する事が出来ませんでした。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 11/15

クラカケトラギス その2

実は先日に還暦を迎えました。
FacebookなどSNSに誕生日は載せてませんので、こっそりと。
そして本日15日いつも通勤に利用している名古屋市営地下鉄が還暦を
迎えたそうです。
東京、大阪に続いて全国で3番目に開通した地下鉄ですが、当初の開通
区間は2.4Kmでしたが、今では6路線93.3Km路線網にて全国でも珍しい
地下鉄の環状線もあり、1日100万人以上が利用しているそうです。
今日は赤い帽子被った車輌なんか走らせるのかなと思ってましたが、
普通の車輌しか見かけませんでした。

kurakaketoragisu20171014a
撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                 水深-20m 大きさ約80mm 

kurakaketoragisu20171111c
撮影 2017年11月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                 水深-12m 大きさ約60mm 

クラカケトラギス  学名 Parapercis sexfasciata
 スズキ目 / トラギス科 / トラギス属
生息域 新潟県以南の日本海岸、千葉県以南の珊瑚礁域を除く太平洋岸
             ~ 朝鮮半島南部、台湾、ジャワ島南部など。

沿岸の浅い水深域から大陸棚周辺の砂底や、砂泥底に生息しており、
珊瑚礁域では観察されません。
体型は円筒形で、尾柄部はやや側偏しており吻はやや尖り下顎が僅かに
尖ります。
体地色は灰色~灰褐色にて腹部は黄色みを帯び、体側面にV字型の
暗色斑が列を成し眼の下部と胸鰭基部、尾柄部にそれぞれ暗色斑が
入ります。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 11/14

ヒメスズメダイ その3

そろそろ日本でも販売されてるホームスピーカーですが、Google Homeに
「1から1千万まで数えて」と依頼したら、「1~33まで読み上げ34から先は
すっ飛ばして、次に1千万と読み上げた」とNEWSになってますが、同じ事を
Androidスマホで試しても同じ結果だったそうです。

どうやら「1から34まで数えて」なら正しく読み上げるそうですが、最後を
35以上にすると34から後は飛ばされるみたいで、では Siri ではどうかと
試してみたところ、何度か試しても「すみません、よくわかりません」の
回答ばかりでした。
使えませんね。

himesuzumedai20171004b
himesuzumedai20171004a
ヒメスズメダイ 学名 Chromis vanderbilti
スズキ目 / スズメダイ科 / スズメダイ属

撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                   水深-4m 大きさ約40mm
英名 Blackfin chromis
生息域 小笠原諸島、伊豆諸島、伊豆半島、和歌山県、高知県、屋久島
       ~ 琉球列島、台湾南部、香港、インド洋、西部太平洋域など。

水深が5m前後の岩礁域や珊瑚礁域にて、根や岩の上、大きな珊瑚群の上などで
少数匹の群れを成して生息しております。
特に異なるスズメダイや、ハナダイの幼魚などの群れの中に混じって遊泳してる
姿を多く観察します。
体高は低く、体地色は背部は暗青色にて体側面の中央あたりから腹部にかけては
黄色にて、複数の青色の点列状の縦帯が走り、尾柄部から尾鰭の両葉にかけて
暗青色に縁取られます。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 11/13

シマクダリボウズギスモドキ その4

このところ不思議に思っている事なんですが、朝もよりの地下鉄駅に歩いて
いる間に多くの小学生や中学生を見かけます。
地下鉄に乗ると多くの高校生や大学生、若いサラリーマン風の方達や、OL風の
方達を見かけます。
これだけ子どもや若者を目にするのに、本当に日本人の人口は減っているんで
しょうか?
単純に都市部は変わりなくても、地方が減少しているって事なんでしょうか。

shimakudarigisybouzumodoki20170908b
shimakudarigisybouzumodoki20170908a
シマクダリボウズギスモドキ  学名 Pseudamia zonata
 スズキ目 / テンジクダイ科 / ヌメリテンジクダイ属

撮影 2017年9月:フィリピン・マクタン島 水深-30m 大きさ約40mm
英名 Fantail cardinalfis、Paddlefin cardinalfisなど
生息域 琉球列島以南 〜 西部太平洋域など。

珊瑚礁域や岩礁域の岩穴や洞窟の中などの水深が10m~35mぐらいに
潜む様にして各鰭を動かさずに浮遊しながら生息しております。
体形はやや側偏し細長く、尾鰭は扇形にて体高以上の高さになるほど
大きいです。
体地色は透明色から銀白色にて、頭部の眼の後方から鰓蓋あたりに
かけての位置と体側面の第1背鰭から腹鰭まで、および第2背鰭と臀鰭の
それぞれ中間あたりから後端あたりにかけて茶褐色の太い横帯が入り、
尾鰭の基底部には大きな楕円形の黒色斑紋が入っているのが特徴です。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 11/10

トゲチョウチョウウオ その4

昨日の朝、通勤途中に登校中のネネちゃんに会ったら、大声で
泣いてます。
どうやら前のめりにこけたらしく、手と口が痛いと泣いてます。
まだ家の近くでしたので「うちに帰る?」と聞くと、「学校いく」って
泣いてます。
そうしたらいつも集団登校で連れて行ってくれている小五の
女の子が、「じゃあ学校着いたら一緒に保健室いこう」って言って
学校へ向かいました。

自分達の様な中小企業の会社には保健室なんて有りませんので、
そんな発想はありませんでしたが、確かに家に帰って様子見て
医者に行くよりも、小学校へいって保健室で診てもらったほうが
確実ですよね。
小五の女の子の提案に感心した次第でした。
因みに今朝も会ったネネちゃんは、いつもどおりニコニコと笑って
ました。

togechouchouuoYgB20171004a
togechouchouuoYgB20171004ctogechouchouuoYgB20171004d
トゲチョウチョウウオ  学名 Chaetodon auriga
 スズキ目 / チョウチョウウオ科 / チョウチョウウオ属

撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
水深-5m 大きさ約35mm  
英名 Threadfin butterflyfish 
生息域 茨城県以南の太平洋岸、山陰地方以南の日本海
~ インド洋、太平洋域など。

岩礁域や珊瑚礁域に生息していて分布域が広いチョウチョウウオ科の
生物です。
体地色は白色にて頭部に眼を通る黒色の太い横帯があり、体側面の斜め
前半部に黒色の前下がりの斜線が、斜め後半部には後ろ下がりの斜線が
それぞれ入ります。
背鰭の中程から後部にかけてと臀鰭は黄色に染まり黒色で縁取られており、
背鰭の後方部に黒色の眼状斑紋が有る事などが特徴です。

togechouchouuoYg20171004a
撮影 2017年10月:和歌山県紀伊大島須江 内浦ビーチ
                水深-5m 大きさ約45mm 

また成魚になると背鰭後端部の軟条は糸状に伸長します。
尚、紅海に生息する本種には、背鰭の黒い眼状斑は有りません。

過去の本種の報告は、 こちら を、どうぞ。

    • 2017
    • 11/09

クレナイヒメホンヤドカリ

昨日から中国を訪問中のトランプ大統領が、中国のインターネット
閲覧規制を迂回し中国で使用が禁じられている Twitter を投稿
されました。
規制迂回を実現する装備をアメリカ当局者が中国に持ち込み可能に
したらしいですが、現在のアメリカの国家技術を持ってすれば
簡単なことかと。

しかし訪問国自体が禁じている事をやってしまって良いもの
でしょうか?
もしもトランプ大統領でなく安倍首相がやってたらどうなった
でしょうね。

kurenaihonyadokari20170908c
kurenaihonyadokari20170908a
撮影 2017年9月:フィリピン・マクタン島 水深-5m
                大きさ:宿貝の穴の直径約10mm

kurenaihonyadokari20131115a
撮影 2013年11月:フィリピン・マクタン島 水深-8m
                大きさ:宿貝の穴の直径約10mm

クレナイヒメホンヤドカリ 学名 Pagurixus ruber
 十脚目 / ヤドカリ下目 / ホンヤドカリ科 / ヒメホンヤドカリ属
生息域 伊豆諸島、高知県、琉球列島、西部太平洋域など

干潮帯から10mぐらいまでの比較的に浅い水深の珊瑚礁域の礁池や
礁湖に生息しております。
鋏脚は右側が大きくて紅色、歩脚も紅色にて指部の先端は白色、
眼柄部は白色にて基部は紅色、第1触角は紅色にて第2触角は紅色に
白色の帯が入り、前甲は灰色をしております。
但し個体によって紅色の色彩が淡色から濃い個体が見られ、色彩の
濃淡は様々です。

    • 2017
    • 11/08

ブチアイゴ

昔から不思議に思っていたことですが、阿修羅とは怒りに満ちた顔を表す言葉
なのに、なぜあの有名な興福寺の阿修羅像は優しい面立ちをしているのか?
本日のBS11chの”謎解き歴史ミステリー”なる番組を見て、疑問が解決しました。

この阿修羅像自体は麻布と漆により作られておりますが、空洞になっている中の
顔は全く別の表情で有る事が文化財専用のCTスキャナー装置による解析調査から
判明したそうで、イメージ通りの阿修羅の表情だったそうです。
しかし本像を造られた光明皇后が建立当時に実子を相次いで失ってられたそうで、
その気持ちから優しい面立ちに仕上げられたそうです。
当時、神と奉られていた天皇家族であれ、子供を思う親の気持ちには一般庶民と
変わらない事に嬉しく思いました。

buchiaigo20160908d
buchiaigo20160908f
ブチアイゴのナイトカラー 学名 Siganus punctatus
スズキ目 / アイゴ科 / アイゴ属

撮影 2016年9月:フィリピオン・ナルスアン島 水深-5m 大きさ約200mm
英名 GoldSpotted Rabbitfish、GoldSpotted spinefootなど
生息域 小笠原諸島、高知県、琉球列島以南 ~ 中部太平洋域など。

水深が1m~40mほどの珊瑚礁域にて、内湾の礁湖や礁池から珊瑚礁の外縁に
生息しております。
背鰭の軟条と棘条の間に欠刻が無いことや尾鰭が明瞭に二叉すること等が特徴
にて、体地色は灰白色にて全身に渡って小さな橙色の斑紋が密に散在しており、
個体によっては鰓蓋のすぐ後方に黒色の大きな斑紋が入ります。

と書いてみましたが肝心の日中の写真を撮ってなくて、本日の写真は夜に寝てる
時の色彩。
いちおう起こしてみたのですが。

buchiaigo20160908g

こんな程度にしか目覚めてくれず、直ぐに再び熟睡してしまいました。
次回は日中の写真で報告させていただきたいと思います。

かじきあん > ブログ トップ

Feed

Page top