雲見の紹介

雲見の紹介、アイキャッチ画像
雲見の紹介

雲見といえば、「牛着岩」というポイントが有名です。
そこは、最大水深25mほどのところに、人が通れる穴が20箇所以上あり、
海底の迷路といった感じになっています。
そこをはじめとして、複雑な地形のところが多く、
こうした面白い地形を持つポイントは海外を含めて探しても、
きっと珍しいものでしょう。

地形の楽しみだけでなく、そこに生きる生物の多様性と密度にも、目を見張るものがあります。
魚の大群といったダイナミックな光景から、ウミウシなどの小さな生き物まで、楽しめますよ。

さらに、雲見ではダイバーのための環境が整えられていて、もぐりやすいというのも、
大きなポイントで、「くもみシーサイドハウス」には、シャワーや更衣室、
ウェットスーツのまま入れる湯船があり、とても快適です。
歩いてわずかの距離に船着場があり、そこからポイントまでは数分で到着するので、
体力の消耗も少ないと感じます。

とはいえ、オーバーハング(上がふさがっていて、直接浮上できない)環境は、安全性の面において、上級者向けというのも事実ですから、まずは初心者向けのポイントから潜ってみることをお勧めします。

牛着岩(ぎゅうちゃくいわ)

先ほど触れたように、雲見といえば、このポイントを思い浮かべる人も多いでしょう。
広いエリアなので、洞窟や砂地、生物のいる地点を組み合わせて、
多彩なコース取りを楽しむことができます。

三競

牛着岩と似たような特徴を持ちながら、
最大深度が13mと浅めなので、牛着岩と比べるといくらか初心者向けポイントです。
といっても、高低差が激しい箇所もありますから、気は抜けませんけれど。
エアドーム(水中の中の空気溜り)のポイントがあり、縦長の洞窟になっていて、
奥に入ってゆくにつれて次第に浅くなり、洞窟の中で浮上することができます。
天井の穴から光が差し込む、神秘的な光景が見られますよ。

黒崎

ここも、大きな穴を二つ持つ、地形ポイント。
いくつかの水路が複雑に交差していて、迷路のようになっています。
レアな生き物も見ることができるので、「海中探検」といった、
趣のポイントではないでしょうか。

沖の根

流れが強く、水深の深い上級者向けポイント。
特にダウンカレント(上から下への潮の流れ)は巻き込まれると非常に危険なため、
中世浮力のマスターは必須といっても良いでしょう。
プランクトンを求めて集まった小型魚の群れ、さらにそれを追いかける中型魚、
そんな水中の過酷なサバイバルや、ウミガメといった大物が見られる、
ダイナミックなポイントですから、ココを目標にして、雲見を潜ってもいいと思います。

赤井浜

綺麗な砂地と「大根」と呼ばれる大きな岩が印象的で、
最大水深10mの穏やかな海なので、余裕を持って楽しめるポイントです。

雲見の海で見られる生き物たち
最近のダイビングログ
ツアー行程表
施設紹介
施設 更衣室 風呂 シャワー シャンプー等 タオル無料貸出
休憩室 お茶・コーヒー お湯 自販機 昼食 携帯電話
弁当  
海のデータ
10 11 12
水温 ℃ 14 13 15 18 20 21 24 26 25 22 19 17
スーツ目安 ドライスーツ ウェットスーツ+ベスト ウェットスーツ ウェットスーツ+ベスト ドライスーツ

**NTT_docomo(NTT Docomo) au(au) SoftBank(SoftBank)

関連記事

コメントは利用できません。

かじきあんニュース
  1. 初日の出

    2015年11月28日 【毎年恒例】かじきあんの年末年始ツアー!

    2015年11月28日 【毎年恒例】かじきあんの年末年始ツアー!

  2. 2015年04月29日 【8月17日発】 熊野大花火と串本2ビーチツアー

    2015年04月29日 【8月17日発】 熊野大花火と串本2ビーチツアー

  3. 2015年04月29日 【8月1・2日】夏休みは本栖湖でキャンプ!

    2015年04月29日 【8月1・2日】夏休みは本栖湖でキャンプ!

  4. 2015年01月16日 【3月開催】奄美ツアー参加者募集中!

    2015年01月16日 【3月開催】奄美ツアー参加者募集中!

  5. 休業のお知らせ

    2014年12月10日 年末年始休業のご案内

    2014年12月10日 年末年始休業のご案内

もっと見る
ツアーランキング
    [contact-form-7 id="99" title="問合せ / メッセージ"]
    ページ上部へ戻る