名古屋発 ダイビングツアーログ

名古屋のダイビングショップのイメージ写真
情報

home > 名古屋発 ダイビングツアーログ > その他エリア Archive

かじきあんダイビングツアーの記録と報告

今年最後の川ダイビング

年の瀬、寒波が来襲し気温もぐーんと下がってきましたfrown名古屋発のダイビングツアー
残念ねがら川の水温もみるみる下がり、下流や河口付近ではまだ少し行けそうですが、中流から渓流にかけては、とっても冷たく・・・
それに比例して魚の数も激減していました。

ハゼ類はもう岩陰にひっこんでいて、泳いでる魚も水底にへばりついてる魚も眼につけませんでした。

が、汽水域ではまだまだサツキハゼが元気に乱舞していたので、今日はようこさんとサツキハゼの撮影に行ってきました。

名古屋発のダイビングツアーカメラ初心者のようこさん。
ここ最近、少しずつ一眼にもなれてきたようですね。
90分、集中力を維持しながら寒さも忘れシャッターを切りまくってました。
今日はちょうどエントリーが満潮時間だったので、おかげさまでゆらゆら帯も気にならず撮るもの撮ってきました。

今日はようこさんの写真を紹介したいと思います。

名古屋発のダイビングツアー


私の本日の目的は!
今までずーっと、気になるとんかつ屋でランチを食べること。
男は黙ってロースかつ!

ご飯&キャベツお代わり自由のとんかつ屋、ごちそうさまでしたsmiley

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

サツキハゼが気になり・・・

名古屋発ダイビングツアー 川でダイビング サツキハゼのペア最近水温もずいぶんと下がってきました。
こうなるとサツキハゼの様子が気になり、ついつい川へ行ってきました。

だいぶ泳いでるサツキハゼは少なくなっちゃいました。
ざっと数えて15匹。 うーむ、冬は寂しいですね。
雄と雌が結構ペアリングしてたので、ちょっと写真撮ってきました。 しかしよく見ると綺麗ですね、このサツキハゼ。
チャガラの次に撮りがいがありますよ(個人の興味で)。

この辺は淡水と海水が混ざる汽水域で、どうしても水がモヤモヤとしてるんですよ。名古屋発ダイビングツアー 川でダイビング サツキハゼのペア
そのおかげで魚にピントが合いません。
泣かせるね~、汽水域。

その後はアユカケ探し。
いろいろ調べてみると、1~3月の冬の時期に産卵するとか。
お腹の大きくなった個体もいたので、こいつ産卵するのかな???
しばらく観察してみます。

名古屋発ダイビングツアー 川でダイビング チチブ

ちなみにこの石っころの写真ですが、アユカケがいます。
さあ、どこでしょうか?

名古屋発ダイビングツアー 川でダイビング アユカケ

川も年中面白い!
2011年は海9割、川1割のダイビングをしてみましょうか。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

秋めいた河原でのんびりと

名古屋発三重県の川でダイビング名古屋発三重県の川でダイビング今日は川へ行ってきました。
お目当ての魚はアユカケサツキハゼ

河原のススキも風に吹かれて気持ちよさそうにゆらゆら。 そして足元には名前は分かりませんが、かわいらしい花があちこちに咲いてました。 ダイビングの合間にちょっと花の写真を撮ってみるのも楽しいですね。

ホントは今日は汽水域と中流域で潜ろうと思っていたんですが、急なトラブルで!!
名古屋発三重県の川でダイビング1本しかダイビングできなくなってしまいましたfrown
しかしこのダイビングをじっくり潜って、お目当てのアユカケも観察できました。
本日2匹のアユカケを見てきましたが、だいたい同じ場所にいるようです。 これからはあちこち探し回らなくても見つけられますね。

2本目はサツキハゼを見に行こうと思ったのですが、今日はトラブルのため時間オーバー。
また次回です。

名古屋発三重県の川でダイビングさぁ、もう4時。
名古屋に帰ろう!

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

小さい秋みぃーつけた!

行楽シーズンですね
今日は快晴でとても暖かく、絶好の行楽日和です。
こんな日はダイビングですね。 今日は海ではなく川へ行ってきました。 秋も深まり、渓流まで登ると紅葉がとっても綺麗でしたよmaple

名古屋発 川へダイビング名古屋発 川へダイビング名古屋発 川へダイビング

こんな紅葉狩りを楽しみつつ
今日はアユカケ、サツキハゼ、ボウズハゼ
こんな生物目的で、下流汽水域から中流そして渓流へと、ダイビングポイントをかえながら遡上していきました。

ここからはようこさんの写真を紹介しながら
ダイビングのレポートです。
二人とも今回は一眼を持って行かなく・・・ 後悔の日でした。

101123_h01.jpg汽水域はサツキハゼが群れになって泳ぎまわっていて、今日の天気で太陽光もさんさんと差し込んでいて、綺麗に観察できました。
この域では、ゴンズイクロダイ、スズキ、ウミタナゴ、イソスジエビ、ウキゴリyg
などなどを観察。

地元の漁師さんとダイビング後に立ち話していたのですが、今年はアユの産卵が1ヶ月ほど遅れているみたいで、まだこれからだそうです。
今日もこの下流域でアユを観察できませんでした。
また次回に期待しましょう!

中流域では今回の目的の魚のひとつ、アユカケを探しました。
すると岩陰に2匹でじっと隠れているところを目撃!
全然動かないので写真は撮りやすいのですが、一眼がほしいですね。
また次回ですね。
おっと!
そうそう、このアユカケは絶滅危惧種で貴重ですよ。

この中流域では、お腹がはったアユの群れを見ることができました。
このいわゆる、“落ちアユ”もうすぐ産卵ですかね。

101123_h02.jpg

他にも中流域は透明度がよく、ボウズハゼ、ルリヨシノボリ、ウキゴリad、ボラの群れ、ニゴイ、ウグイ、ヌマチチブ
こんな魚たちと出会えました。

渓流域まで登ると、そこはボウズハゼだらけ。
岩肌一面のボウズハゼをじっくり観察。 でも相手はいつも警戒レベル5
写真を撮らせてはくれませんでした・・・
残念sad

101123_h03.jpgその代わりに、こちらの魚。
カマツカの写真を撮ってきました。

さぁ、また写真撮りに行こうかな。 今年中にもう一度行けたらいいなblush

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

今年の本栖湖は・・・


@ 本栖湖×2
  水温:23℃ 透明度:5~12m 湖況:べた凪 天気:くもり



曇りでした

毎年のことですか・・・

でも毎年のように、今年も湖畔でのんびりしてきました

今回は松さんのとっておきコーヒーをご持参頂いたので

水面休息中にドリップさせて、熊野川以来のマイナスイオンをサンサンと浴びてきました


湖の中はびっくり!

最近の雨のせいか、10m以深は激しく濁ってがっくりでした

が、そんな中で弥生時代の遺跡ポイントで土器を見たり

ブラックバスとご対面してびっくりしたり


名古屋発 本栖湖ダイビングツアー


こいつら、湖の主ですね

ダイバーが近づいても微動だにせず、いつも堂々とふてぶてしい顔をしてらっしゃる

こちらの顔は何だか "仮面ライダー アマゾン" を思い出すような顔立ちです


名古屋発 本栖湖ダイビングツアー

あまりに古いネタですが、ヌマチチブ・・・


その他、アユの群れ、ヨシノボリ、ウグイ、コイ、ウナギ
ゲンゴロウブナ、ヨシノボリ
などなど


名古屋発 本栖湖ダイビングツアー

オイカワも綺麗ですね

婚姻色はもっときれいなんですが

次回見てみましょう

☆☆☆
今回も☆3つ!
gucci-t さん写真集
☆☆☆

本栖湖

本栖湖

本栖湖

本栖湖

本栖湖

本栖湖

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

森林浴でマイナスイオンを浴びる


@ 熊野川水系
  水温:20℃ 透明度:10m 川況:やや増水 天気:はれ



暑いです・・・

連日真夏日を越えてます・・・

そんなに暑いのなら、山へ行こう!


名古屋発かじきあんダイビングツアーの写真


そして今日は熊野川上流、山奥で森林浴とダイビングを楽しんでおります

蜩の声、川のせせらぎ、鳥のさえずり


名古屋発かじきあんダイビングツアーの写真


う~ん、ここにはマイナスイオンがあふれてます

癒される言葉『マイナスイオン』、マイナスイオンっていったいなんだろう?

難しいことはさておき、今日は森林浴で癒されてかいります

日々のストレスを持った人たちには、この森林浴&ダイビングはオススメのツアーですよ


名古屋発かじきあんダイビングツアーの写真


秋まで熊野川ツアーはどんどん続きます

秋は紅葉も綺麗になるので、ぜひストレスダイバーの皆さんリクエストしてくださいね

今回のメンバーはどうなんだろう?

3時間、笑い声が山間にこだまするようなダイバーだったので

ストレスの気配ははなからなさそうですが・・・


さて、今回のダイビングはタンク1本、2時間半の潜りっぱなし一本勝負

それで何をするかというと

アマゴ を撮ります

おっかけまわして アマゴ を撮るんです!

やはり川魚は気配に敏感で、ダイバーと アマゴ の大運動会

結構大変でした・・・


名古屋発かじきあんダイビングツアーの写真

名古屋発かじきあんダイビングツアーの写真

名古屋発かじきあんダイビングツアーの写真


ヨシノボリ、カワムツ、アユ などなど・・・


名古屋発かじきあんダイビングツアーの写真

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

川の中では恋の季節


@ ポイント名
  水温:14℃ 透明度:10~12m 海況:良好 天気:くもり



名古屋発 熊野川ツアー

あぁっ・・・

癒される風景

今日はここ熊野川でダイビングというか川遊び

しかもマンツーマンで一生懸命川遊びを楽しみました

川の中はドでかいアマゴ(方言:アメウオ)を見たり

ヨシノボリの♂どおしの決闘をじっくり観察したり

名古屋発 熊野川ツアー

名古屋発 熊野川ツアー

水面に浮かぶ落ち葉を眺めたり

名古屋発 熊野川ツアー

熊野川でダイビングを楽しんだあとは

マイナスイオンの森をドライブしながら観光です

名古屋発 熊野川ツアー

赤木城跡を眺めながら・・・

名古屋発 熊野川ツアー

丸山千枚田を眺めながら・・・

名古屋発 熊野川ツアー

名古屋発 熊野川ツアー

そして、田園風景の中

カップラーメンのランチを頂きました

今年は暑いね(^^)

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

長良川の天然記念物

@ 長良川水系
  水温:17℃ 透明度:5-8m 川況:良好 天気:快晴

ギギ

そう、天然記念物は ギギ

そんな魚を見に行ってきました。


ギギ


相変わらずの激流でしたが、そんな流れにも負けずにみんな元気にフィンキックしてました (^^)

今回は残念ながら オオサンショウウオ との遭遇はできませんでしたが、

アユの群れ、カワムツ、ヨシノボリ、カマツカ、ウグイ(婚姻色)

ニゴイ、コイ、ネコギギ、コヤマトンボのヤゴ などが観察できました。

サツキマス の季節だから、次回は見たいなぁ

次回はナイトダイビングの予定です

リクエストお待ちしております

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

本栖湖*淡水ダイビングッ☆2日目☆

@ 本栖湖×2
  水温:
22?25℃ 透明度:5?10m 海況?:良好 天気:はれ

おはようございます。
本栖湖キャンプ2日目は朝飯前のダイビングからスタートです。
ホットドッグの朝ごはんを食べて,テント撤収後2本目となりました。


昨日よりはちょーっと透明度が上がっている感じ☆
エントリーしてすぐに目に入ったのはでっかいコイ

ぼふぼふと水底をつついていました。

それから,アユ,オイカワ,ブラックバス,カワヨシノボリなどを観察。

オイカワのしりびれはビラビラーとでっかいです。
体の模様もきれいですね。
ちょっと見とれてしまいます。

ワカサギの群れもすごいですよ。
よく群れを見ると突っ込みたいっていう方もいますけれど,
「あッ,ワカサギだ!」
と思ったら,見渡す限りワカサギだらけ。
いつのまにか囲まれているんです。
きらきら光って流れ星みたいでしたね。流星群!

エキジット直前はいつも,アユ,オイカワの群れをのんびり観察しました。
水面には水遊びするヒトの足がたくさん,時々犬かきしてるイヌの4本足!
やっぱりいつもと違うダイビングでした。

帰り道は寄り道2つ。
ひとつは,富岳風穴。
洞窟みたいな中が寒いんですよ。氷がとけないくらい。
私はボートコード着ていきました。大正解!
上からぽたぽたと冷たい水も垂れてきますからね。
ひんやりした空気を楽しみました。

ふたつめは,お風呂。
なんと16種類もお風呂の種類があるんです。
脱衣場からの扉がいくつかあって,ちっとも洗い場にたどりつけませんでした。
淡水ダイビングで肌はべたつかなくても,汗はかきましたからね,
お風呂に入れて幸せでした。

あ,もうひとつ寄り道しました。
ミルクランドです。
ソフトクリームとミルクプリンと牛乳を味わいました。
ソフトクリームは濃厚なお味でしたので,牛乳嫌いのマッ〇ーさんは,
お口直しにジュースを買いなおしていたくらいです。

そしてあとはまっすぐかじきあんへ!

一年に1回くらいはいつもと違うダイビングもいかがでしょう。
新鮮な気分を味わえますよ♪

夜は大変冷えますので,防寒着が必要ですよー。



  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

本栖湖*淡水ダイビングッ !

本栖湖×3
  水温:22?25℃ 透明度:5?10m 海況:良好 天気: はれ のち 雷雨!のち はれ

かじきあんのキャンプといえば,夏の本栖湖です。
到着したら,まずテントの設営,ひなちゃん指揮の下,男性陣よくがんばってくれました。


高度902mでは,アルティチュードダイビングとなりますので,初体験の方は
スペシャリティーかアドベンチャーダイブの講習が必須。

リクリエーションダイブプラナー(OWDの講習でNDLの計算するやつです。)も使えるんですけど,

特殊な使い方をするんですね。ダイブコンピューターだって設定を変更します。

それにね,淡水のダイビングですからね,ウエイトだって...。



と,安全に潜るための学科講習を受けたあとは,実習です。

海洋実習じゃなくて湖実習って呼べばいいのかしら?


エントリーして目の前に広がっているのが,青ーい水。
本栖湖は川の水が流れてこないって,だからきれいなのかな。
blue.png
水底はこまかーい泥ドロ,意識してフィンキックしないといけません。

大木がどかーんと転がっています。
taiboku.png
いつ,どんなふうにしてこの場所に沈んだのでしょうね?
水深8mをこえると,水温ががくんと落ちました。
寒いです。
ドライスーツ・フード・冬用グローブ大正解!!
と思っていたら,
湧き水が発見されました。
冷た?い水がもやもやと出てきていましたよ。

エキジットしたらランチタイム☆
焼きそばもりもり食べました。
さて,二本目!と意気込んだところで豪雨が!
ここで雨宿りとおやつタイムとお昼ねタイム。
このまま夜が来たらやだなぁと思っていたら晴れてきました。
山の天気は変わりやすいってことですか?

雨がやんだところでダイビング二本目!
土器を見ました。
doki.png
土器といえば,縄文式土器か弥生式土器が有名ですけれど,
今回見た土器は,ゴテゴテした飾りのない弥生式土器っぽい感じでしたね。


いつも潜ってる海とは違う水中の風景が新鮮でした。
口の中に入る水も塩辛くない!
あがったあとも,肌はべとつかない!
やっぱり海とは違いますねッ。

見られた生物は, ブラックバス,オイカワ,ウグイ,アユ,カワヨシノボリ などでした。

でもね,初日は,生物観察というよりは,淡水ダイビングを楽しみました。


そして夕ご飯は,あっちゃんが煮こみに煮こんだカレー♪

camp.pngkaree.png

しっかり煮こまれた野菜の甘みがほんのりとしたカレー♪

おいしかった!おかわりもいっぱいした!あっちゃんありがとー♪


日帰り参加者はここでさようなら。
お泊り参加者は片付け後,花火タイムと星空観察会。
天の川とイルカ座みちゃったね。

夜はテントでログ付け,おやすみなさい。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

home > 名古屋発 ダイビングツアーログ > その他エリア Archive

Return to page top

重要事項リンク