名古屋発 ダイビングツアーログ

名古屋のダイビングショップのイメージ写真
情報

home > 名古屋発 ダイビングツアーログ > かじきあんの遠足 > 北海道 Archive

かじきあんダイビングツアーの記録と報告

エゾシカと出会う

110909_h10.jpg知床の大自然は素晴らしい!
だから世界自然遺産にも登録されているのだろうけど。

山に登ってみると、いろんな花が咲いているし、いろんな鳥も飛んでいる。

キタキツネやエゾシカは普通に見ることができる。

会いたくないけれど、ヒグマにも会えたりもする。

やはりすごいsign03

ダイビングだけじゃなくて、今度は山も野生生物も観察したいな。

110909_h11.jpg 知床のエゾシカ

さて、ダイビングですが
今日はオショロコマ観察です。

110909_h01.jpg

110909_h03.jpgこちらはイワナの亜種で北海道に生息する魚です。

只今婚姻色で、胸鰭~臀鰭、そしてお腹のあたりが凄く濃いオレンジ色になっていて綺麗ですsign03

ヤバイですよ。

ダイバーが水底に腰を据えると、その下流の流れが緩くなるようで、たくさんのオショロコマが集まってきます。
近すぎて写真が撮れないよぉ。

 

 

 

ダイビングデータ

  • ポイント名:知床の川
  • 水温:10℃
  • 透明度:やや濁り
  • 川況:やや増水
  • 天気:晴れ
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ホッケのトルネード

知床のホッケ台風の心配もありましたが、今日の知床は快晴 sun
その青空の下で、今日も fish ホッケがまわってます。

トルネードをまいてます typhoon
でもなんだか今日は数が少ないなぁ・・・

今晩、いただきますっ shine

知床のカラフトマス

さて今回の北海道 知床ツアー
カラフトマスの遡上が目的なんです!
今が旬の生き物観察は、もちろんカラフトマスでしょう。
そして2日目。 いよいよ川へ潜りに行ってきます。

がっsign01

台風通過直後で川は増水し、やや濁っていて。
しかも目的のカラフトマスの数も少ない。。。

知床のカラフトマス2どうやら例年の10分の1程度の数らしい。

う~ん、残念。

でもそれなりに群れているので、これでも大満足!

この時期の知床の川にはでっかく、そして厳つい魚が群れてますよ。
その迫力はたまらなく、夢中になること必至。

この季節、お勧めのダイビングスポットです。
また来年も行きますので
今回参加出来なかったみなさんは
また来年の知床ツアーにご参加ください。

ダイビングデータ

  • ポイント名: 知床の川
  • 水温:10℃
  • 透明度:少し濁ってます
  • 川況:やや増水
  • 天気:快晴
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

知床ツアー3日目☆羅臼編

@ ローソク岩、トド岩
  水温:-1~0℃ 透明度:15m 海況:良好 天気:晴れ☆

ピカピカの晴れた朝。

今日は羅臼でダイビングします!
ローソク岩
行ってきます!元気いっぱいのひなちゃん。
やっほう!
エントリーの様子です。

タイトル「地球を潜る!」

カメラマンは今日も陸上班のひがしさん。
エントリー

浅いところにはこんな海藻がわっさわっさと。
昨日の海とはまた違って、生命に溢れている感じでした。
浅瀬

一番最初に出会ったのは、ハダカカメガイ(クリオネ)の赤ちゃん!
赤い涙みたいな、小さな小さな子。クリオネの赤ちゃんここ羅臼で、クリオネに会えるなんて感激でした。
流氷の下にしかいないのかと思ってた。

続いて、クリオネのなかま、イクオネも見れました。イクオネイクオネ2イクオネ3
こちらはクリオネです。
違いがわかるかな?クリオネです
クリオネ!

砂地では、ちっこいダンゴイカが飛んできました。
ダンゴイカ

ウミウシもいましたね~
こちらは大きなオオミノウミウシオオミノウミウシ
ミズタコも巨大!巨大ミズダコ

ピンクのかわいい色合いオニカジカ小さいオニカジカでかいオニカジカ

大好きなダンゴさんも。
ナメダンゴygナメダンゴyg
大人のダンゴさんも。
この子はぴよぴよと逃げ回ってなかなか写真に撮られてくれませんでした。ナメダンゴ大人

毛ガニ出現。毛ガニだ?

とっておきはこの子。ホテイウオホテイウオ♪
すっごい面白くないですか?この子!
なんてユニークなんだろ。
日本髪のおかみさんの、頭だけ、みたいな。
おなかには大きな吸盤がついてて、写真のように岩にひっついています。

ホテイウオっていうお魚ですよ。
面白かったなー!また会いに行きたいなー!

エギジット後の様子です。手が動かないー寒かったーお疲れさん。まっきーいい顔してます。

雪の上にごろりひなちゃんがごろり。

羅臼の海、面白かった。
面白いものたっくさん見れました。
また潜りに来ましょう!


さーてお楽しみの晩ごはんですね。

テーブルいっぱいのご馳走だ。ご馳走です
なかでもみんなが夢中になって食べたのがこれ。メンメ
私には、北海道で食べたものの中でこのお魚がいちばんおいしかった。
山盛りのタラバガニより、メンメです◎

この日は、8時半くらいに寝てしまいました(笑)
私だけですかね。
ひなちゃんとは毎日同室だったのに、ほとんどお喋りしなかったね・・
ごめんね・・・。

明日はとうとう最終日。
まだまだ楽しむぞー☆


  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

知床ツアー2日目☆ウトロ編

@ ウトロ
  水温:-1~0℃ 透明度:10m 海況:良好 天気:くもり

今日はウトロで流氷ダイビング!

・・・の予定でしたが、

流氷がなーい!!

無いってことは、実は出発前からわかってはいたのですが

やっぱり残念でしたね。

南風がたっぷり吹いちゃったんですね。

そして気温も、到着日は12度もあったりして、
下手したら名古屋のほうが寒かったかもしれないです。

そんな暖かい日の後でしたので。ま、仕方ないですね。


気を取り直して、ウトロの低水温ダイビングを楽しむことに。

出発前に、ホテルの前でパチリ。出発!左端の私が着ている、ダサあったかインナー。おすすめですよ♪


装備はアイスダイビング仕様です♪

いつもと違うのは、

まず、フード&グローブ!

ひがしさん、ひなちゃんと私は、今回のために新調しましたよ。

フードは、通常のものより、顔の皮膚を保護するために
目と鼻が出る部分は小さめで、口はレギュレーターをくわえるための切り込みがあるだけです。

レギュはその切り込みからぐいぐいと口に押し込みます。

これ、慣れないので、かぶってしまうと呼吸困難に!(笑)

レギュレーターもいつもの自分のじゃなくて、
超低水温でもフリーフローしにくい作りのものをレンタルします。

グローブは、いつもの3m5本指のものに、5mの3本指グローブを重ね着。

ドライの中もありったけ厚着です(ひなちゃんは薄着だったような??)

いっぱい着た分、ウェイトもいっぱい。
ウェイトベストと、ウェイトベルト両方使用しました。腰にずっしり来ますね。


港の中に、残っている氷があるということで、氷を目指してエントリーすることになりました。

マイナス1度の冷たーーーい水に、おそるおそる顔をつけて、潜降しました。

あれ?

重装備のおかげで、あんまり冷たくない。(個人的感想かも)

30分後には指が麻痺して痛くなりましたけど。

許容範囲でした。(個人的感想かも。)


冷たいウトロの海で見たもの。

取り残された流氷。触ってみました。
氷発見
氷に触ってみる
ひなちゃんも

水底には、ホタテがいっぱい。

エゾバフンウニ、キタムラサキウニいっぱい。
ちいさなウミウシ
ミノウミウシの仲間
でかいカジカ
カジカの仲間かなぁ
きれいなエビ(名前不明)。
きれいなエビさん
緑の細長い海草に群れるエビ
エギジット直前のキタミズクラゲ
キタミズクラゲ

くらいでしたかね?


今日は冷たさを満喫した!って感じになりました。

ひがしさんは1本目のエントリー直前に大変なことになってたようです。
2本目からはお留守番でした。
どうぞ、お大事に・・・。


サービスに戻ったら、少しだけ氷が来てました。
氷が来てます


ダイビングの後は、北海道の海の幸を満喫します☆
わーい待ってました~!!

ひなちゃんは奮発して贅沢どんぶり。
周りの風景がモノトーンの雪景色なだけに、目に鮮やかです。
豪華海鮮丼!おいしそうだね。

ひがしさんとまっきーは油ののったホッケの定食。

わたしはウニどっさりのウニラーメン。

食べた食べた。


本日の宿は羅臼なので、観光しながら移動です。
車中は爆睡でした。すいません。


エゾシカをたくさん見た。

なぜかみんなこっちにおしりを向けていて
そのおしりが、白いハートマークにみえちゃった。
エゾシカ

硫黄山のふもとの温泉へ。

すんごい硫黄のにおい!

低温・中温・高温の湯がありました。
飲用のお湯を飲んでみたら、びっくり!
超すっぱいんです。

お風呂を出たらあたりは暗くなっていて、
ライトアップがきれいでした。
温泉ライトアップ

羅臼に着いたら晩ごはんです。
食べてばっかりです。

あんまりおなかがすいていないひなちゃんが頼んだのは、
メニューの写真ではまあまあの量に見える海鮮やきそば。

出されてびっくり。巨大サイズです。巨大海鮮やきそば!他の3人はホッケ三昧。
煮ても焼いても刺身でも、美味しかったです。

本日お泊りするのは、ごはんがめっちゃおいしいと評判の民宿。
明日のごはんも楽しみだ。

建物の中はあたたかくて、半そででも快適でした。
おふろであったまって、お布団をひいたら、すぐ寝ました(笑)
ぬくぬくとよく眠れました。

明日は羅臼でダイビングです!

3日目につづく。


  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

知床ツアー☆初日

@ 女満別空港~ウトロ 最高気温:12度! 天気:くもり

冬の北海道。 しかもいっちばん寒い時期です。

このツアーに向けて、装備も、心の準備もしっかり整えて来たので
あとは流氷が来てくれることを祈るだけ!

初日の今日は、お昼に女満別空港に到着したあと、
ところどころで観光しながらウトロの宿まで向かいます。

網走湖にて網走湖にて。
ワカサギ釣り会場でした。カラフルなテントがたくさん。
氷の上に穴を開けて、糸を足らしている人がたくさん。
まだ慣れない雪の上を、おそるおそるお散歩しましたよ。

能取岬次に向かったのは能取岬。
広くて気持ちいい。
風も強いっ!

北浜駅3つ目の寄り道は「北浜駅」
中国映画の撮影地だったようで、中国からのお客様がたくさん訪れる場所だそうです。
理由はわかりませんが、壁には名刺がぺたぺたと貼ってありました。
どうやって貼り付けたのか、天井にまで貼ってありました~

とうふつ湖にて
鳥たちとうふつ湖では、白鳥、カモメ、いろんな種類のカモたちが集まっていて、
パンの耳のえさをあげられます。
とってもかわいくて、楽しかった!

白鳥は、長い首をかしげる仕草がかわいらしく、優雅で、
でもどんくさくて全然パンを食べられません。

カモメは運動神経がよくって、ホバリングしながらえさをキャッチ!

ひなちゃんの手からも上手に食べました。
ひなちゃんの手から食べる
カモメ宿の近くでの寄り道は、知床八景、日本の百滝にも選ばれている
「オシンコシンの滝」

雪が積もった風景の中を落ちる水の迫力と
ライトアップが白い景色に映えて、とてもきれいです。
オシンコシンの滝


本日の宿は温泉自慢。
バイキングでおなかいっぱいになったあとは、お湯にゆったりとつかって
荷物の整理をしなくちゃー・・・と思いつつ、あっというまに夢の中でした(笑)

ツアー2日目は、ウトロでのダイビングです。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

北海道*四日目

四日目の朝ご飯の時間です

モス行きたいという声がありましたが営業時間外でした!
しょうがないので昨日からねかじ君が行きたがっていたミスタードーナッツへ♪
ドーナツぱくぱく食べた後には流氷館!流氷を表したような衣装の方達に迎えて頂きました
ここでは流氷の歴史や出来方、流氷の体験や寒流の生物が水槽の中で見られます。
クリオネやダンゴウオの仲間がいましたなかでもフウセンウオは可愛かった♪
フウセンウオ^^ss.JPG
フウセンウオペアss.JPG
フウセンウオ手前ss.JPG

ダイビング中に野良フウセンウオを見てみたいものです
エサやりの時間だったので上から降ってくるエサを一生懸命食べる様を観察できました☆
その後はシアターで知床映画鑑賞。知床の自然や美しい風景が上映されました。
次に行ったのは北方民族史料館。
アイヌ民族やイヌイット民族やインディアンが使っていた病気を治す為の
☆まじない道具(絶対効かないだろこれ)
☆狩りの道具(自然の物を使っているのでアウトドアで同じような物が作れるかも)
イヌイト民族の武器ss.JPG
☆民族衣装(動物の皮をなめして作っただけの物。とても暖かそう。)
☆住居(なめした動物の皮を部屋中に引いたり保温の工夫がされているようだ)

奥に進むとミニシアターがあり、『博士』という3Dのキャラが北国の生活について説明します
ここでひがしさ○は凄い眠気に襲われていたそうです。『博士』おそるべし。
北方民族資料館を後にし、ラーメン屋へ♪やっぱりみそラーメンっしょや♪
モヤシが大量に入っており、麺に辿り着く前にわりとお腹がふくれてしまっていました♪
味噌ラーメン!ss.JPG
麺も美味し♪らーめんつるつる食べた後にはオリックスレンタカー空港前へ向かいます
女満別空港でお土産を買い込み、名古屋へ?♪長いようで短かった北海道ツアーは終わりです
またね、知床半島。来年は潜れますように?

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

北海道*三日目

三日目、今日は観光です!潜れない分色々観光して回る事にしたのです。
朝ごはんをホテルの食べ放題で済ませた後、すぐに知床自然センターへ行く予定でしたが、
大雪が降っているためチェックアウトぎりぎりまでホテルでくつろいでいました。

昼になると雪が止み、自然センターへ到着♪フレペの滝雪への案内版をみると
『お勧め出来ない』状態でした。雪が深く積もり、吹き溜まりが多いとの事でした。
受付でスキー靴やスノーブーツは借りれるのですが、普通の靴のみで出発。
チャレンジャーですね ー。色々な所に吹き溜まりがあったり、
綺麗な木を撮影しようとしたら雪にハマってしまわれた方や
はしゃいで前転しちゃってるねかじくんがいましたが辛く楽しい道のりでした♪
てくてく歩いていると吹き溜まりがあり、先頭のひがしさんがズボっとはまり、
後ろの二人も続いてはまり...前方をみると鹿も股までうまってました。鹿。埋まってるss.JPG
人間慣れしているのか2?位まで近寄れました♪もちろん写真もとらせていただきました。
さらにすすむと目的地の展望台!ようやく辿り着きました!
流氷が浮かぶオホーツク海を挟んで向かいの断崖絶壁に凍り付いている滝が見えます。
この滝はフレペの滝という名前で、山から湧いてくる水が滝となる瞬間に
時が止まっているようでした。フレペの滝ss.JPG
ふと下を見ると子鹿が急斜面で雪の中の草をもしゃもしゃ食べています。
かわい?っす♪雪の中の草食べ♪ss.JPG

今日は曇っていて遠くの山々が見えなかったですが、
晴れていると知床連山が見えます。来年は晴れるといいですね♪
眺めを堪能したらさあ帰り道!帰りの雪道でも吹き溜まりが多く、
受付に帰ってきた頃には全員息があがっていました。
充分な運動をした後は番屋で昼ご飯です♪
くじら生姜焼き(鯨は串本にもありますが食べ比べてみるのもいいかも)、
相乗り丼(イクラとウニ♪これがうまいんだなあ♪)、相乗り丼ss.JPG
メンメ定食(めちゃくちゃうまい?)!
すごく美味しかったです!お次は!網走へ向かいます。
網走に着いたらそのまま宿でくつろぐ予定でしたが
砕氷船に乗れそうだった為、さっそく電話で予約しました。
今日は追加便があり追加最終便は16:30との事。これは夕日が見れるかも!
乗船時間まで余裕があった為、格安ホテルのチェックIN。
荷物を置いて時間になったら砕氷船乗り場へ出発!
30分前に切符を買って改札に並ぶかじきあん御一行は一番先頭でした!
後から団体さんが来て後方はずらっとならんでいました。早速船が来て乗船一番乗りです。
船の名前はオーロラ2号。船に乗り込み流氷の見える所まで移動した頃には
綺麗な夕日になっていました。みんなで撮影♪夕日を背景に飛んでいる鳥も素敵でした。
夕暮れ空に浮かぶカモメss.JPG
オーロラ号からの夕日とかもめss.JPG
船は流氷を砕いて進みます。船の前の方に行くとダイナミックに流氷が砕ける様が見られました。
船を降りて振り返ると船がライトアップされて凄くきれいでした!
オーロラ号ss.JPG
優雅な船旅を終えると次は夜ご飯です網走の町をぶらぶら歩いて探していますと
ふと気になる看板が。
オオカミウオの料理ですって。
あの、ごっつい顔の魚です。気になったのでここで夜ご飯にします。
オオカミウオの刺身を食しました!意外と美味!
オオカミウオの刺身ss.JPG
やはり北海道といえばホッケ!これを食わねば!!
ホッケss.JPG
他に、ワカサギの天麩羅、刺身盛り合わせ、
流氷酒:オホーツク、揚げ出し豆腐、鳥唐揚げ、お茶漬け、ライスでした♪
宿へ帰り、お風呂です♪横1?縦2?位の湯舟で、洗い場の蛇口は六つ位でした。
大きな風呂ではなかったのですが、格安宿なので風呂が有っただけでも贅沢な方なのかも♪
(予約した時は風呂無しと記載してあった)
そして、浴衣でおやすみっす♪四日目へ?☆

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

北海道*二日目

二日目!

朝早くに起きてお風呂です

露天風呂では風が強くてふぶいていました

もともと温度が高めなので雪によって冷やされ、程よい温度で入れました♪

しかし、この吹雪が続くなら今日の羅臼への移動は無理そう。

外は吹雪なので昼まで部屋で待機。

ウトロから羅臼への峠道が通行止めということで三日目のツアーも中止...

残念ですもう開き直って観光の予定を立てます!

ダイビング出来ないなら他の事して遊ぶ事にしました

二日目は吹雪や通行止めの為、外出出来ず。ホテルでゆっくりとした時間満喫していました。

時間はたっぷりあったのでねかじとTるたさんはホテルに有った水槽の中のクリオネの写真

を撮る練習をしていました。
ちっちゃくてよく動く被写体。クリオネ写真ss.JPG

オートでとってみたりマニュアルで細かい機能をフルで使ってみたり

外部ストロボを点灯したまま撮影したり。カメラの勉強ができて楽しかった^^

ご飯は昨日と同じくバイキング方式の食べ放題!

美味かった?!全員で明日の観光地について話し合い、

知床自然センターと網走方面の砕氷船のオーロラ号、民族記念館、流氷館

が候補としてあがりました。

空港へのアクセスが近いというのと宿が安価ということで網走周辺の宿の予約を取りました。

風呂無し、飯無し、ネット使い放題、テレビ有り で一人2800円。

素泊まりのプランです^^

そしてまたまた温泉。ここで東さ○が髭を剃りすっきり爽やかに。ねかじも髭剃りしました^^

その後就寝。おやすみなさい...三日目へつづく☆

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

北海道*一日目

一日目!北海道への出発に胸を踊らせ、ひがし、ねかじ、つるたさんでかじき出発!

お昼ご飯は空港にあるわかしゃち屋。カレーうどん定食を頂きました!

飛行機遅延の為、5分遅れましたが出発!そしてそして!

わくわくしながらも女満別空港へ到着?!雪が降ってます!

空港からレンタカーで現地へ向かう途中に網走監獄へ♪ねかじくんは初監獄です!

チケットを買って入獄?♪ あぁ...人形がいっぱい!かなり精巧に造られています
DVC00095.jpg
あぁっ!動いた!!人形ぽい人間でした。びっくりしましたー思わず触りそうになりました

館内の廊下を歩いていると脱走しようとしている人形やご飯を食べている人形、DVC00096.jpg

監視付き共同風呂に並んで入っている人形もありました!離れた場所には特別独房もあり、
DVC00097.jpg
DVC00098.jpg
光が入らない牢屋のようになっていた所もありました
DVC00099.jpg
ここはいうことを聞かない囚人が入れられるんですね...

外にはテントがあり、

中に入ってみると、なんと!やきそばを売っているじゃないですか!

早速注文して、作っている間に雪の滑り台で遊んでました♪

焼きそばが出来たら休憩所(獄長の詰め所みたいな所)ではふはふと戴き、暖まりました

脱獄したら次はオシンコシンの滝!
雪の階段を少し登り、滝へ到着です
夜の滝はグリーンとブルーの灯りでライトアップされてとても綺麗でした♪
DVC00100.jpg


最後に知床ホテルへ♪チェックINしたら早速着替えてお風呂!

内風呂は浅めで温度高めですサウナは100度。良い汗かきました!

サウナで充分に熱したら露天風呂へ?♪雪がちらついてます脇には雪が積もっています

お風呂は雪が冷やしてくれるのか温度は少し高い位でした次は夜ご飯♪

ホテルの中にある『チタタ』というレストランでディナーです。

バイキング方式食べ放題!色んな物を少しずつ♪♪

ステーキやカレー、ホッケ串刺しの塩焼き、ホタテ、ジンギスカンの肉も頂きました!

おなかいっぱい幸福です♪その後部屋で明日のコンディションの評価...どうも海がシケるかも?

波浪、雪の天気予報、天気図には知床半島に隣接した低気圧の渦が...明日どうなるかなぁ...

現地サービスに連絡を取るとコンディション不良の為、明日は不可能との事。

残念です...(泣)お腹がこなれてきたらもう一度お風呂です!

11時近くにもなると割とがらがら。のんびり入らせて頂きました!部屋に帰り、就寝♪

北海道ツアー一日目終了でした北海道ツアー二日目へ続く

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

屈斜路湖*ブクブクブク・・・

@ 屈斜路湖 / 釧路川
  水温:15℃ / 8℃ 透明度:5m / 12m 海況:良好 天気:はれ


名古屋のダイビングショップかじきあんのダイビングツアーでの写真

今日は屈斜路湖でダイビングです。
ここは最近テレビでも放送された、湖底噴火口がある場所なのです。

ここ屈斜路湖の周りには川湯温泉があったり、今でも硫黄が噴出している硫黄山があったり、この屈斜路湖自体もカルデラ湖だったりします。
つまりこの湖は噴火口!

湖底の噴火口跡からは、凄い勢いでグツグツと温泉が湧き出ているんです。

湧き出ている温泉の動画です!

凄いでしょ!
何か『地球は生きてる!』 っていう感じを北の湖で実感しました。
そんな湖では イトヨ、ジュズカケハゼ などを観察しましたよ。


湖底噴火口を潜った後は、その屈斜路湖から流れでる釧路川を潜ってきました。

■ ここが釧路川
名古屋のダイビングショップかじきあんのダイビングツアーでの写真

この川の途中には摩周湖の湧き水がたまっている場所があって、そこは青いインクを薄めたような印象深いブルーの水。
今までに見たことがないカラーです。 これが摩周ブルーなんでしょうね。

名古屋のダイビングショップかじきあんのダイビングツアーでの写真

そんな釧路川には、下の写真にある アメマス をはじめ、 ヤマメ、ニジマス、ヒメマス などのマスづくしでした。
名古屋のダイビングショップかじきあんのダイビングツアーでの写真

ダイビングも満喫した後は、湖畔の露天風呂でみんな大自然満喫!
名古屋のダイビングショップかじきあんのダイビングツアーでの写真

そして摩周湖観光 → 硫黄山観光 → 夕食 → 酔っ払う。。。

名古屋のダイビングショップかじきあんのダイビングツアーでの写真名古屋のダイビングショップかじきあんのダイビングツアーでの写真
名古屋のダイビングショップかじきあんのダイビングツアーでの写真名古屋のダイビングショップかじきあんのダイビングツアーでの写真


やっぱり北海道はいいですね。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

羅臼*カラフトマスの遡上

@ 羅臼 川 / ローソク岩
  水温:10 / 15℃ 透明度:5?10m 海況:良好 天気:雨


西表に行くはずが・・・
台風15号のバカっ!

というわけで、何故か北海道・知床にやってきました。
行動力&バイタリティー豊か(?)なかじきあんのダイビングツアーは、台風にも屈せず北海道を満喫しました!

名古屋のダイビングショップかじきあんのダイビングツアーでの写真

出発前日に飛行機も宿もダイビングもレンタカーも、すべてひっくるめて手配したドタバタ旅行だったのですが、それなりに楽しく。
またドタバタがよりいっそうこのツアーを刺激的なものにしてくれたのかな??

しかし、何故かみんな若干テンション低っ!
本当は西表のはずだったから、まぁわからないでもないですが、しかし密かに私はかなりテンション超高ぶってました。
多分誰よりも一番楽しみにしていたはずです。 そう北の海、北の生物、北のダイビング。
7年越しの計画がひょんなことから叶いました(^^)

ラッキー !!


一路羅臼を目指して空港を出発!
途中、腹ごしらえで釧路の和商市場で勝手丼(どんぶり飯を買い、具は市場で自分の好きなネタを好きなだけ載せていく超勝手気ままなどんぶり)を食べ、地球が丸く見えるという開陽台で大自然を体感し、そして目的地の羅臼では罰ゲームのような高温の熊の湯に足だけ浸かり。。。

名古屋のダイビングショップかじきあんのダイビングツアーでの写真名古屋のダイビングショップかじきあんのダイビングツアーでの写真
名古屋のダイビングショップかじきあんのダイビングツアーでの写真名古屋のダイビングショップかじきあんのダイビングツアーでの写真

北海道万歳!


北海道観光も楽しいですがダイビングも楽しいですよ。
今回ダイビング初日は世界遺産の知床・羅臼で潜ってきました。 それとちょっと時期が遅めですが店長たっての希望でカラフトマスの遡上を見てきました。

名古屋のダイビングショップかじきあんのダイビングツアーでの写真

8?9月が遡上なので、この時期ちょっと遅めで産卵を済ませ体がボロボロになったものが多いのですが、その中にも数匹活きの良いヤツが混ざっていたので、そいつ焦点を絞ってデジカメ撮影してました。

名古屋のダイビングショップかじきあんのダイビングツアーでの写真名古屋のダイビングショップかじきあんのダイビングツアーでの写真


■ カラフトマスの遡上を動画で見てみよう!


午後からのダイビングでは
ナメダンゴ、ミズタコ をはじめ、盛りだくさんの北の生物を観察してきました。
北は面白い!
また来月にでも行きたいくらいです。 でも誰か行くかな???

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

ウトロ*今年も流氷

@ ウトロ×2
  水温:-1℃ 透明度:8-12m 海況:凪 天気:はれ


今年も流氷ダイビングにやってきました!
知床が世界遺産に指定されたこともあり、観光客もこころなしか多かった気がします。
 最近の海氷情報を見ていると流氷が少なくなってきているので、少し心配しながら旅立ったのですが、案の定例年の10%ほどの流氷でした(TT)
毎年毎年、流氷の接岸も不安定になってきているので、流氷ダイビングをお考えのダイバーはなるべく早いうちに参加してくださいね。

しかし今年の流氷ダイビングの目玉は、最近個体数が少なくなったミジンウキマイマイが見れたこと。
これはラッキーでした。
2枚の羽をパタパタ動かしながら水中を飛んでいる姿はとってもカワイイですよ。
流氷下のオススメ生物です!
クリオネは?
そう、クリオネももちろん見れましたよ。 今年は小ぶりでしたがいっぱい見れました。
ゲストの皆さんも初めてのクリオネに興奮してました。この人気は不動ですね。
その他、ホッカイエビや、スナエビ、クサイロモエビ、テナガホンヤドカリ、ヒラツノガニなどの普段お目にかれない寒流域の甲殻類も見ることができてラッキー。
そして今年は流氷少なかったので、太陽光が水中にいっぱい入ってきてワイド的にはすっごい綺麗でした。
ウリクラゲ、カブトクラゲなどの後ろにはでっかい流氷。そしてその向こうには太陽。
感動しますね。

個人的には結氷したアイスダイビングよりかは、今回みたいにゆる?い流氷の下を潜るアイスダイビングの方が好きですね。
さて、来年はどんな流氷なんだろう?

流氷ダイビングの紹介はこちらのページへ↓
http://www.kazkian.com/tour/ice.html

名古屋のダイビングショップかじきあんのダイビングツアー写真
名古屋のダイビングショップかじきあんのダイビングツアー写真名古屋のダイビングショップかじきあんのダイビングツアー写真名古屋のダイビングショップかじきあんのダイビングツアー写真
名古屋のダイビングショップかじきあんのダイビングツアー写真

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

home > 名古屋発 ダイビングツアーログ > かじきあんの遠足 > 北海道 Archive

Return to page top

重要事項リンク