名古屋発 ダイビングツアーログ

名古屋のダイビングショップのイメージ写真
情報

home > 名古屋発 ダイビングツアーログ > 伊豆エリア > 三保 Archive

かじきあんダイビングツアーの記録と報告

迷走

久しぶりの三保でしたが、透明度に泣かされました・・。

ブリーフィングで説明のサクラダイアカオビハナダイもこの透視度じゃお手上げだなぁ。

ヒレナガハゼカスリハゼも確認はできるものの

やはりこの透視度のなかではなかなか撮影させてくれませんね。

 

こうなると必然的にエビカニなどの超マクロモード。

 

コエダモドキなどについているのはイソバナカクレエビでしょうか?

形は似ていますが、色が白っぽいです。なんでしょう・・?

 

あとはアカスジカクレエビ

透明で小さな個体。

ひとつのムチヤギに並んでついていました。

 

その中で潜行中に見たムレハタタテダイが彩をそえてくれましたよ。

 

迷走しましたが、午前中からナイトダイビングを疑似体験できた三保からでした。

そういう意味では楽しかったか!!

ダイビングデータ

  • ポイント名: 真崎海岸 × 2
  • 水温:24℃
  • 透明度:0.5~1m
  • 海況:ゆるやかな流れ
  • 天気:晴れ
  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

泥ダイバーの楽しみ

@ 真崎海岸×3
  水温:21℃ 透明度:5?6m 海況:凪 天気:くもり

きたよ?三保。

今回の三保チームはタンクを担いでエントリーポイントまで歩くには少々きつさを隠し切れないベテランな面々。

でも、泥好きな人たち?だから楽しくてしょうがないのです。なんかはまっちゃうみたいです・・。


今日の僕的なヒットは ウナギギンポ。泥底から上半身をゆっくり上下させ近づくダイバーを警戒しておりました。きれいなブルーが結構目立ってましたよ。
ばればれです。

三保の写真


クモガニ、アケウス?、ミズヒキガニなどのエビカニ類も。

手(はさみ脚)の形がかわいくありませんか??
三保の写真


ハゼ系では ヒレナガハゼが多かったですね。その他イトヒキハゼ、ニシキハゼ、初観察のシモフリシマハゼなど。
hirenaga.jpg
三保の写真

浅場ではクロエリギンポ、ベラギンポ、ハオコゼがうじゃうじゃしてます。安全停止しながらいろいろ楽しめるのもいいですね。

上がクロエリギンポで下がベラギンポ
三保の写真

三保ではわりときれい系なシラユキウミウシ
三保の写真


ひそかに期待していたトガリモエビインドアカタチは見ることができませんでしたが、近々また行きたいと思いました。


3本潜っても名古屋に着いたのが夕方7時頃。いいパターンですね。


  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

三保*インディ?

@ 真崎海岸×2
  水温:20℃ 透明度:2?5m 海況:良好 天気:くもり

フォト&マディダイバーズの集いです。 といっても3人ですが・・・。 くもり&凪&平日と、三保にとっては最高のシチュエーション。

水中でまず目をひくのは クロエリギンポの群集。
ゴロタ斜面を覆い尽くすように、水底から湧き出るようにふにゃふにゃと泳ぎまわってました。

そしてマディダイバーズを熱くさせてくれたのは全身姿をご披露された インドアカタチ
巣穴の中で上半身を出したり引っ込めたりしてるうちに、なにを思ったかフラフラと隣の巣穴へ。
しかも、そのしぐさを数回繰り返すサービスぶり。


名古屋のダイビングスクールかじきあんのツアー写真

他にも トガリモエビ ヒレナガハゼなど三保ならでは?の生物たち。

名古屋のダイビングスクールかじきあんのツアー写真

ネンブツダイ キンセンイシモチの口内保育もしっかり観察できるし、 ハオコゼ、カサゴ、キタマクラなどのちびっこは沢山いてかわいいし、おもしろネタいっぱいだよ。

今度はシングルバーナー持って行って、お湯沸かして、海岸でコーヒーやらカップラーメンでも食べながら潜りたいですね。

あっ、帰りの夕飯は醤油つけ麺とカレーつけ麺でした。
心もお腹も満腹の一日・・・。


  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

三保*インディ?

@ 真崎海岸×2
  水温:20℃ 透明度:2?5m 海況:良好 天気:くもり

フォト&マディダイバーズの集いです。 といっても3人ですが・・・。 くもり&凪&平日と、三保にとっては最高のシチュエーション。

水中でまず目をひくのは クロエリギンポの群集。
ゴロタ斜面を覆い尽くすように、水底から湧き出るようにふにゃふにゃと泳ぎまわってました。

そしてマディダイバーズを熱くさせてくれたのは全身姿をご披露された インドアカタチ
巣穴の中で上半身を出したり引っ込めたりしてるうちに、なにを思ったかフラフラと隣の巣穴へ。
しかも、そのしぐさを数回繰り返すサービスぶり。


名古屋のダイビングスクールかじきあんのツアー写真

他にも トガリモエビ ヒレナガハゼなど三保ならでは?の生物たち。

名古屋のダイビングスクールかじきあんのツアー写真

ネンブツダイ キンセンイシモチの口内保育もしっかり観察できるし、 ハオコゼ、カサゴ、キタマクラなどのちびっこは沢山いてかわいいし、おもしろネタいっぱいだよ。

今度はシングルバーナー持って行って、お湯沸かして、海岸でコーヒーやらカップラーメンでも食べながら潜りたいですね。

あっ、帰りの夕飯は醤油つけ麺とカレーつけ麺でした。
心もお腹も満腹の一日・・・。


  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

三保*五年越しの出会い

@ 真崎海岸×2
  水温:19℃ 透明度:3?5m 海況:良好 天気:汗ばむ陽気


それは偶然なんかじゃないんです。

そう、その時がただやってきただけ・・・・。

三保の標準装備???ともいうべき14?のエンリッチを十分に活かしての結果なのです・・・。

トガリモエビっつう変てこなエビを求めてこの魔界の海に訪れたのはもう5年もまえのことでしょうか?
時の経つのは早いものです。
神様は「まだ、お前には早い。」となかなか見せてはくれませんでした。

でもね・・・、今日その時が来たのです。自力で見つけることができたのです。あぁ、なんて幸せ・・。


泥好きの皆さん、ハッピーな一日でしたね!目の前の富士山に感謝!


その他、観察できたもの:ヒレナガハゼ(大っきいのから小っちゃいのまで大漁)、ハナハゼ、ホシノハゼ、サビハゼ、カエルアンコウ、ヒイラギ、アジ、タコ、ベラギンポ、キュウセン、イトベラ、トビヌメリ、ヒラメ、ネンブツダイ、ハオコゼ、アワシマオトメウミウシ、アミメハギ、メゴチ、サクラダイなど。


また行くぞ?。

そうそう、帰りはマグロ三昧ねっ。

  • Comments (Close): 0
  • TrackBack (Close): 0

Index of all entries

home > 名古屋発 ダイビングツアーログ > 伊豆エリア > 三保 Archive

Return to page top

重要事項リンク