名古屋発 ダイビングツアーログ

名古屋のダイビングショップのイメージ写真
情報

home > 名古屋発 ダイビングツアーログ > 三重県の川 > 降海型への変身中?

かじきあんダイビングツアーの記録と報告

降海型への変身中?

川調査に出かけてきました
今日と明日の2日間でアユの産卵観察です search

その前に

気になる魚がいました
まぁ、『アマゴ』なんですが・・・

111128_h01.jpg

場所が気になって think

汽水域で見かけたんです eye

アマゴには、川で一生を終える 『陸封型』 と 海に下ってやがて育った川に遡上する 『降海型』がありますが
このアマゴには『降海型』の特徴の一つである、『ツマ黒』 という背鰭の先が黒くなる変化がでてきています
また、尾鰭の縁も赤から黒へと変化してきています

ただ依然として、体のパーマークはしっかりと残っているので、『陸封型』 がうっかりと流されてきただけなのかもしれませんがね??

数年前には、上流で銀毛化した尺オーバーのアマゴが何匹か釣り上げられた事があるそうなので
(漁協のおじさん 談)
ひょっとしたら、この川でアマゴ → サツキマスという 降海遡上が行われているのでは sign01

と、ちょっと夢とロマンを感じさせてくれた、今日の 『アマゴ』でした laugh

fish アマゴについて

さて、アユの産卵ですが下流域は依然水温高く・・・

まだまだ sweat02

しょうがないのでボウズハゼの幼魚を観察 search
今年の夏に孵化した個体ですかね
これから上流目指して遡上していくんでしょうね

111128_h04.jpg

そしてアユカケ search
こちらは下流に集合してきました
これから産卵シーズンですからねぇ

111128_h03.jpg

何処に卵を産み付けるのか興味津々です smiley

最後にウグイです
う~ん、若魚がいっぱいでどこにでもいますが・・・
可愛いです

どこが・・・ ?

 111128_h02.jpg

そうそう、アユの産卵ですが
中流域では活発に行われていますよ
もう下流は見限って中流域を攻めようかな??

 downwardleft 中流域でのアユの産卵の様子です

 アユの産卵

 ダイビングデータ

  • ポイント名: 汽水域 ~ 中流
  • 水温:13‐15℃
  • 透明度:- m
  • 川況:良好
  • 天気:くもり cloud

home > 名古屋発 ダイビングツアーログ > 三重県の川 > 降海型への変身中?

Return to page top

重要事項リンク